展示の概要

さまざまなロボットたちと触れあいながら、
ロボットとともにくらす未来を考える展示です。

私たちのくらしには、すでにたくさんのロボットが入り込んでいます。これから、ますます賢くなり、さらに身近な存在になるでしょう。そのとき、ロボットと人間が仲良くくらすためには何が必要になるのでしょうか?私たちはロボットと一緒にどんな未来をつくるのでしょうか?展示や実演を通してロボットたちと触れあいながら、ロボット技術がもたらす未来のくらしについて考えてみてください。

展示の種類
ロボット

みどころ・詳細

ロボット紹介

「ASIMO」は、人間の生活空間で活動することを想定して開発されたヒューマノイドロボットです。歩く、走るなど、より人間に近い二足歩行ができ、人間と一緒に作業ができるサイズを実現しています。
ASIMOの実演は毎日開催しています。実演を見て、ロボットと暮らす社会を一緒に考えましょう。
ASIMO実演について詳しく見る

「パロ」は、癒しの効果を人に与えるセラピーロボットです。一見、愛らしいだけのタテゴトアザラシのぬいぐるみですが、ふさふさの毛皮の下には触れあう相手を感じるためのセンサーや、言葉を覚える学習機能など技術がつまっています。

「UNI-CUB」は、ASIMOに代表されるヒューマノイドロボット研究から生まれたバランス制御技術を活用した新しいパーソナルモビリティーです。 屋内で歩行者が行き交う空間の中で、周囲の人と調和することをコンセプトとして開発されており、座ったまま体重移動のみで操作することができます。
UNI-CUBに乗車しながら展示を体験するツアーを実施しています。(土日のみ)
UNI-CUB “常設展ツアー”について詳しく見る

関連ブログをチェック

科学コミュニケーターブログをよんでみよう