メディアラボは、先端情報技術による表現の可能性を、定期的な展示更新を行いながら紹介していくスペースです。

ぴったりファクトリ

メディアラボ第21期では、モノが人に「ぴったり」合うものづくりに焦点を当てます。
私たちは大量生産されたモノを日々使っています。しかし、画一的に作られたモノは、使い勝手が悪かったり、趣味に合わなかったりすることもあるでしょう。そんな中、近年は3Dプリンタなどの工作機器とコンピュータをつなぎ、個別のデジタルデータに基づいてモノを作る「デジタルファブリケーション」が普及してきました。この技術を使えば、一人ひとりの身体や状況、生活環境にぴったり合うものを作れるようになります。さらには、見た目や触り心地など、個人が持つ好みの感覚を数値化する研究も進んでおり、将来のものづくりに反映されれば、私たちに高い満足度をもたらすことが期待されています。

本展示は、「ぴったり」をつくるための「デジタルファブリケーション技術」と、「ぴったり」をさぐるため個人の感性を測る「感性定量化技術」という二つの研究開発の成果により構成されています。

展示をご覧いただきながら、これらの技術が融合することで、一人ひとりに「ぴったり」なものづくりが当たり前になるクリエイティブな未来を想像してください。

≫詳細はこちら

≫アーカイブ特設サイト

公開時期

2019年5月16日(木)~
2019年9月1日(日)

出展者

田中浩也(慶應義塾大学)
長田典子(関西学院大学)

展示協力

山形大学、中京大学、金沢美術工芸大学、ファブラボ品川、デジタルファッション株式会社、クチュールデジタル株式会社、JSR株式会社、世紀株式会社、サンアロー株式会社、三菱ケミカル株式会社、株式会社センチュリーエール、株式会社センチュリーテクノコア、UNBUILT TAKEO KIKUCHI、株式会社ラッシュアワー、フジプリグループ株式会社、アポロ技研株式会社、東京都作業療法士会

常設展 | 未来をつくる

アクティビティ未来館をもっと楽しむためのスペースやコンテンツ