[お申し込みフォーム]より、必要事項をご記入のうえお申込みください。

遠隔にあるロボットを実際に動かします。

一緒に仕事をするロボットや、食事の相手をするロボットなど、人間のような動きができるロボットが私たちと一緒に暮らす未来が、すぐそこに来ています。

今回実験を行う研究者は、そんなロボットのシステムを開発しています。特に、将来ロボットと暮らすかもしれない皆さんと「こんな風にロボットと関わりたい」という意見を交わしながら、開発を進めたいと考えています。そこで、実際に開発中のロボットシステムを体験して、一緒にロボットとの関わり方を考えてくれる方を募集します。

体験していただくのは、次の2つです。
(1)一緒にはたらく:研究者の一人は、直感的にロボットを操作できる装置を開発しています。この装置を使って、遠くにあるロボットを遠隔操作してもらいます。体験した装置の使いやすさや、自由にロボットを動かせたらどんなことができそうかのアイデアを教えてください。
(2)一緒におやつを食べる:もう一人の研究者は、食事に付き合ってくれるロボットを開発しています。開発中のロボットと一緒にチョコレートを食べてもらいます。ロボットとおやつを食べた感想や、どんなロボットと食事をしてみたいかという意見を教えてください。

ロボットとのふれ合いを楽しみながら、最先端のロボット研究に参加してみませんか?
※今回の実験は、今年の3/20, 21に行った実験の結果をもとに、新しく開発したロボットシステムを体験していただく予定です。
[関連リンク:https://www.miraikan.jst.go.jp/events/202103201771.html

体験の感想や将来のロボット活躍の場について、意見を研究者へ伝えます。

実験概要 (所要時間:1時間半程度)

  1. 受け付け (実験の概要と流れの説明)
  2. 体験(2種類)
    2種類のロボット体験をしていただきます。
    ①一緒にはたらく
    ②一緒におやつを食べる
  3. アンケートの記入
  4. 研究者とのお話
    実験の感想や、こんなロボットと暮らしたいなどの意見を教えてください。

実施研究者

北川 晋吾

東京大学大学院 情報理工学系研究科 博士課程

藤井 綺香

東京大学大学院 情報理工学系研究科 博士課程

イベント設計・科学コミュニケーションデザイン

太田 努

日本科学未来館科学コミュニケーター

夏 イゼン

日本科学未来館科学コミュニケーター

増田 到

日本科学未来館科学コミュニケーター

開催概要

開催日時
2021年8月3日(火) 10:00~17:00
2021年8月4日(水) 10:00~17:00
2021年8月5日(木) 10:00~17:00
開催場所
日本科学未来館 7階 木星、天王星ルーム
対象
小学4年生以上
参加人数
各日6組(実験は一人ずつ入替え制)
参加費
無料 ※展示をご覧になる場合は入館券の事前予約を別途お願いします。
オンライン事前予約・購入
参加方法
【ご参加にあたっての注意事項】
・このイベントは、実験に対するみなさんの反応や意見を取り入れながら研究を進めていく「実証実験」の一環です。そのため、実験の様子を動画で撮影させていただきます。動画は研究論文への掲載、学会発表目的で使用することがありますが、個人が特定できないよう加工します。
・未成年の方が実験に参加いただくためには、保護者の方の同意が必要となります。事前申し込みされた方には、説明書と同意書を事前にお送りいたします。保護者が同伴されない場合は、必ず保護者が同意書記載のうえ、持参してください。
上記、注意事項にご了承いただけましたら、下記に表示される「お申し込みフォーム」よりお申し込みください。

【事前申し込み枠】(先着順)
各日とも、下記に表示される「お申し込みフォーム」より受け付けいたします。
希望の日時を選び、お申し込みください。
※事前申込期間は2021年8月2日(月) 10:00まで
※先着順のため、申し込みいただいた時間帯の枠が既に埋まっている場合はご希望に添えないことがございます。ご了承ください。
主催
日本科学未来館
国立大学法人東京大学大学院情報理工学系研究科 情報システム工学研究室
お問い合わせ先
【参加・体験についてのお問い合わせ】
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)

【実証実験・研究内容についてのお問い合わせ】
国立大学法人東京大学大学院情報理工学系研究科 情報システム工学研究室
Tel: 03-5841-7416

感染症対策について

  • 体験は参加者1組ずつの入替え制です。入れ替えの際、手の触れるものは消毒を実施します。
  • 体験中、チョコレートを食べていただきます。その際、実験スタッフは同席せず、ついたてで区切られた場所で控えています。

※今後の感染症拡大状況によっては、イベントが中止となる場合がございます。