最先端の研究成果は、どのような場所で生まれているのでしょうか? 未来館の研究エリアにある研究現場からその秘密に迫ります!
10月23日は「化学の日」。そこで科学コミュニケーターがカメラを携え潜入するのは、化学に関係する研究現場です。
小さくて軽い携帯電話、病気に効く薬……。普段は意識していませんが、私たちの生活はたくさんの「化学」に支えられています。より豊かで便利な社会をつくるために、誰も知らない秘密を解き明かすために、未来館の研究エリアでも、研究者たちが日夜あくなき挑戦を続けています。ご自宅にいながら3つの研究室を巡り、科学コミュニケーターといっしょに化学を楽しみ、化学でどんな未来をつくっていくのか考えましょう!

※10月25日(日)も化学の日に関連したトークセッションをおこないますので、そちらにも是非、ご参加ください。

化学の日

2020年「化学の日」缶バッジデザイン

アボガドロ定数(1molの物質中に存在する粒子の数=6.02×10の23乗)の「10」と「23」から、日本化学会、化学工学会、新化学技術推進協会、日本化学工業協会が2015年に10月23日を化学の日と制定しました。
10月23日を含む週(月曜日~日曜日)は「化学週間」です。

おうちでラボツアー!? 10月24日(土) 13:00~14:30

研究室ツアーはそれぞれ独立していますので途中からの視聴でもお楽しみいただけます。

プログラム① 13:00~13:25 化学の力で太陽電池の常識を超えろ! (光電変換プロジェクト

太陽の光から電気エネルギーを生み出す「太陽電池」。軽くて曲げられる太陽電池やいろんな色の太陽電池を化学の力でつくります。一枚の太陽電池には、どんな技術が詰まっているのでしょうか? ひょっとすると、皆さんの身の回りにある“アレ”も、太陽電池の材料になっていたりして……。

ツアーガイド

板橋勇輝

名古屋大学 大学院工学研究科 研究員

専門は有機化学。あたらしい分子を作ったり、つくり方を研究している。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)。

企画・ファシリテーション

太田努

日本科学未来館 科学コミュニケーター

プログラム② 13:30~13:55未来の電池をつくる現場に潜入! (二次元物質プロジェクト

電気を蓄えることができる二次電池は、スマートフォンや電気自動車に使われるなど便利な生活を送るうえで欠かすことができません。もっと軽く、たくさん電気を蓄えられたら……。そんな未来を実現するため、材料から電池を開発します。みなさんなら、どんな場所でどんなことに使いたいですか?

ツアーガイド

佐藤正春

ORLIB株式会社 代表取締役社長

大容量の次世代電池「多電子系電池」を開発しており、電池の使い方を世の中から広く募集している。博士(工学)。

企画・ファシリテーション

竹腰麻由

日本科学未来館 科学コミュニケーター

プログラム③ 14:00~14:25ミトコンドリアの仕組みを探れ! (ミトコンドリア生合成プロジェクト

多くの生物の細胞の中にある小さな「ミトコンドリア」は生物が生きていくために大切なエネルギーを生み出しています。顕微鏡でみなくてはわからないほど小さなミトコンドリアの中で起きていることを調べるにはどんな方法があるのでしょうか? 化学のアプローチで私たち生命の秘密をのぞくことができるかも?

ツアーガイド

竹田弘法

京都産業大学 学振特別研究員

ミトコンドリアの生命活動に欠かせないタンパク質はどんな形なのか、様々な手法を駆使して調べている。博士(理学)。

企画・ファシリテーション

八田愛理奈

日本科学未来館 科学コミュニケーター

司会(プログラム①~③)

渡邉吉康

日本科学未来館 科学コミュニケーター

開催概要

開催日時
2020年10月24日(土)
13:00~13:25(「光電変換」プロジェクト)
13:30~13:55(「二次元物質」プロジェクト)
14:00~14:25(「ミトコンドリア生合成」プロジェクト)
開催場所
YouTube Live (Miraikan Channel)にてインターネット放送します
対象
どなたでも視聴可能です
主催
日本科学未来館
お問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)

字幕の視聴について

「おうちでラボツアー!? だから化学は面白い!」では、音声認識字幕アプリ「UDトーク」によるコミュニケーション支援をおこないます。
※UDトークは無料でご利用いただけるアプリです。(リアルタイム配信時のみ)
※YouTube Live視聴用の端末とは別にUDトーク用の端末が必要です。
※音声を文字に変換する際に、一部変換間違いが発生する場合がございます。ご了承ください。

日本科学未来館 研究エリアについて

未来館に併設されている「研究エリア」には、最先端の研究を進める12のプロジェクトが常駐しています。一般の人々が研究に参画する場として今後さらなる展開を考えています。一緒に未来の研究をつくっていきましょう!
日本科学未来館 研究エリアについて