オンラインで、心理学実験に参加しよう!

未来館では、みなさんに新しいスタイルで最先端の研究に触れていただこうと、さまざまなとりくみを進めています。今回は、未来館にある研究エリアに入居する「コミュニケーション・サイエンス・プロジェクト」の研究者とともに、オンラインで心理学の実験にチャレンジできるイベントをご用意しました!

わたしたちはふだん何気なく周囲の人とコミュニケーションをしていますが、実は相手の気持ちを読みとるために、表情や声色などさまざまな情報を相手からキャッチしています。
今回の実験は、5才から12才のお子さんが対象です。画面に出てくる人の顔を見たり、音声を聞いたりした後、喜びや怒りといった選択肢の中からその人の気持ちにより近いと思うものを選んでいただきます。「見ること」と「聞くこと」どちらのほうが、相手の気持ちをよりキャッチできるでしょうか? 実験で得られたデータは、わたしたちがどのように相手の感情を知覚しているのかを調べる研究に活用されます。

研究者とお話できる貴重なチャンス!

2020年8月のイベントのようす

研究者とお話できる貴重なチャンス!
実験の前後には、研究者とオンラインで直接お話する時間があります。コミュニケーションについて感じている素朴な疑問や心理学の研究について、ぜひ聞いてみて下さい!

イベントの流れ(所要時間:1時間程度)

  1. インストラクション (15分)
  2. 同意書の確認(5分)
  3. お子さん:実験に挑戦(20分)
  4. 実験のふりかえり、研究者への質問(20分)

ゲストスピーカー

山本寿子

東京女子大学 現代教養学部 / 日本学術振興会 特別研究員PD

音の感じ方が言語や音楽経験で異なる理由を知りたくて心理学の世界へ。乳幼児の発達を研究していたが、未来館で幅広い年代の来館者と実証実験を進めるうちに、大人になってからの「発達」にも関心を広げ、文化や世代をこえて伝わるコミュニケーションの解明を目指している。

企画・ファシリテーション

臼田麻純

日本科学未来館 科学コミュニケーター

開催概要

開催日時
2020年10月17日(土) 、11月1日(日)、11月14日(土)、11月22日(日)、12月5日(土)、12月20日(日)、各日11:00~12:00、13:00~14:00、15:00~16:00
開催場所
Zoom(Web会議システム)
対象
9才から12才のお子さま(日本語母語話者)とその保護者
参加人数
各回3組程度
参加費
無料
参加方法
【ご参加にあたっての注意事項】
実験に参加いただくためには、保護者の方の同意が必要となります。実験当日に詳細をスタッフがご説明します。

【ご準備いただく環境】
・パソコンとイヤホンまたはヘッドホンが必要です。タブレット、スマートフォンではご参加いただけません。
・Zoomアプリを用いて説明などを行います。パソコンにZoomアプリの事前インストールと会員登録が必要です。Zoomは無料版のもので参加可能です。
・ご兄弟がそれぞれ実験を体験される場合は、お子さまの数のパソコンが必要です。
・実験はインターネットブラウザのGoogle Chrome上で行います。最新版の環境をご用意ください。
上記にご了承いただけましたら、下記に表示される「お申し込みフォーム」よりお申し込みください。

【事前申込枠】(抽選)
各日とも、下記に表示される「お申し込みフォーム」より事前申込を受付いたします。
※10月17日参加申し込みは10月11日(日) 17:00をもって終了しました
※11月1日参加申し込みは10月25日(日) 17:00をもって終了しました
※11月14日参加申し込みは11月3日(火) 17:00をもって終了しました

別ウィンドウで開きます11月22日に参加の方はこちら
※申し込み期間は11月17日(火) 17:00まで

別ウィンドウで開きます12月5日に参加の方はこちら
※申し込み期間は11月29日(日) 17:00まで

別ウィンドウで開きます12月20日に参加の方はこちら
※申し込み期間は12月18日(金) 17:00まで
主催
日本科学未来館、東京女子大学 田中章浩研究室
共催
新学術領域研究:「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築~多文化をつなぐ顔と身体表現」
お問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)