2019年12月14日(土)、トークイベント「二人の宇宙飛行士がみる未来の宙(そら)ー中国人宇宙飛行士・楊利偉氏来日記念ー」を開催します。今回初来日となる中国初の宇宙飛行士、楊利偉(ヤン・リィウェイ)氏と、未来館館長毛利衛が、ともに政府の代表として初めて宇宙を訪れたという経験をもとに、宇宙を通じた科学技術や教育分野のこれからの協力の可能性などについて語ります。

楊氏は2003年10月に、中国初の有人宇宙船「神舟5号」で宇宙を訪れました。そのとき毛利が世界の宇宙飛行士仲間と連名で祝電を送りました。以来、国際会議などの場を通じて交流を続けてきた縁で今回の来日が実現しました。楊氏は国民的英雄として知られ、現在も中国の有人宇宙飛行プロジェクトに参画されています。

トークイベントでは、それぞれの宇宙飛行士としての体験談のほか、科学技術の発展や宇宙開発の意義、宇宙をテーマにした科学技術や教育分野に関する今後の交流のあり方について、来場者からの質問を受け付けながら議論を進めていくことにしています。