イベント情報

イベントアーカイブ

オープンラボ「赤ちゃんや子どもはコトバやカタチをどう覚えるの? ~効果的な学習環境を探る~」

実験の様子
会場の様子

赤ちゃんや子どもは大人とは比べものにならない早さで周りの世界とふれあい、学んでいきます。
子どもがどのように学ぶのかを探る調査に参加して、子どもが最も効果的に学習することができる環境や条件について一緒に考えませんか。

この調査には、1-3歳向けと3-6歳向けのものがあります。
3歳のお子様は両方にご参加が可能です。

皆様のご参加お待ちしております。

①(1-3歳向け)赤ちゃんはどう言葉を学ぶの?

赤ちゃんが誰から、どのように言語を習うかが、赤ちゃんの言語習得に大きな影響を与えることが分かっています。ですが、その理由はあまりわかっていません。
この調査では、モニターを使った簡単なゲームを行うことで、赤ちゃんが言語を学ぶ際に、赤ちゃんが相手のどこに注目しているのか、そしてどのような周囲からの影響が言語学習に関わっているのかを調べています。

②(3-6歳向け)この絵は何の絵かな?完成させてみよう!

子どもは絵をみて、それらをどのように認識しているのでしょうか。
この調査では、タブレット端末上に表示された絵(例えば顔や顔に類似したもの)の上に、自由に絵を描いてもらいます。
どの順番で描くか、また何を描くかを調査することによって、子どもたちが自分の周りをどのように把握・認識しているのかが分かります。

実施概要(共通)

(1) 受付...研究の内容説明を受けて同意書にご記入いただきます。
(2) 実験...
①パソコンのモニターを見て、視線を計る装置を使って実験を行います。
②タブレット端末上に絵を書いて実験を行います。
(3) 解説... 研究者から今回の解説や成果についてお話をします。
子供の言語学習について疑問があれば、研究者と気軽にお話しできるチャンスです!

研究代表者

辻 晶氏
(東京大学国際高等研究所ニューロインテリジェンス国際研究機構助教)
乳幼児の言語発達研究を行っています。

※未来館オープンラボとは?
研究者と市民が最先端の科学技術をつくっていく、ひらかれた実験場です。これまでに、ロボットが人を避ける実験や、気持ちをくみ取る心理学実験などを行ってきました。未来館を舞台に、市民から広くデータを募ることに加え、市民と研究者の対話を促すことで、多様な視点がとりこまれた研究をともに進めています。

開催日時
2020年1月11日(土)
【実施時間(各日・各調査とも)】1回の実施時間は15~20分程度です
1回目11:15~12:00 (4名)
2回目13:15~14:00 (4名)
3回目14:15~15:00 (4名)
4回目15:15~16:00 (4名)
5回目16:15~17:00 (4名)
開催場所
日本科学未来館 3階"おや?"っこひろば内「おや?親サロン」
対象
①1-3歳 ②3-6歳
定員
それぞれ各時3~4名
参加費
無料
参加方法
直接"おや?"っこひろば内「おや?親サロン」にお越しください。
別途"おや?"っこひろばの整理券が必要になります。
整理券は当日"おや?"っこひろばで配布しています。(先着順)


【ご参加にあたっての注意事項】
実験に参加いただくためには、保護者の方の同意が必要となります。実験当日に詳細をスタッフがご説明し、その場で同意書にご署名いただきます。実験や同意書の内容に同意いただけない場合は、途中退室が可能です。また、同意書に署名した後でも、同意書の撤回が可能です。
主催
日本科学未来館・東京大学 東京大学国際高等研究所ニューロインテリジェンス国際研究機構辻研究室 
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。