開催中・開催予定のイベント

一般向けイベント

オープンラボ「みんなで判定!~人型ロボットはキミの相棒になれるかな?」要申込

ロボットが人間と一緒にお話しをします。
東風上さんはロボットと共に移動するような、ロボットの動きをデザインしています。

人とロボットがともに生活する未来、と言われたらみなさんはどんな未来を思い浮かべるでしょうか。私たちの身の回りでは、家族や友達のようにお話をしたり、一緒に遊ぶことができたりする、さまざまなロボットが活躍するようになってきています。このようなロボットがより身近な存在になる日はもうすぐくるかもしれません。 みなさんはこのようなロボットと一緒に生活するようになったら、どんなことをしたいでしょうか?

講師の東風上さんは、ロボットが家族や友達として受け入れられるためには、ロボットに何ができたらいいのか、そして、ロボットの行動によって、人と人との会話が生まれることを目指して大学院で研究をしています。そのため、みなさんが将来、ロボットとどのようなことをしたいか、アイデアを募集しています。
このイベントでは、ロボットが人と一緒に何かをする例として、人間とロボットが一緒にみなさんの前でロボット研究について発表(お話)を行う様子を見ていただきます。発表では、講師の東風上さんと相棒ロボットのペッパーが、ロボットが動くしくみや、最先端のロボット研究について紹介してくれます。ロボットが加わることで、発表は楽しくなるのか、わかりやすくなるのか、みなさんに判定してもらいます。

発表を見ていただき、みなさんならどのような相棒ロボットが欲しいか、また、ロボットと暮らす未来への期待や不安について一緒に考えましょう。

イベントの流れ

※参加される方全員で体験していただきます。所要時間は1時間半です。
参加の前に同意書にご記入いただきます。お子さまのみの参加の場合、事前にお送りするフォームにご記入の上ご持参ください。
(1) アンケート:ロボットについてみなさんが知っていることなどを答えていただきます。
(2) 研究のお話:講師の東風上さんとロボットのペッパーより、ロボット研究について紹介があります。
(3) ロボットのお話の判定:発表の分かりやすさやについて、みなさんに判定していただきます。
(4) ロボットとのふれあい:ロボットに指示を出したり、実際にロボットとふれ合ったりしていただきます。
(5) 解説と質問:講師の東風上さんからイベントの解説を行います。講師とロボットを囲んで、どのようなロボットと暮らしたいか、ロボット研究とはどのようなものか、お話しましょう。

* 両日とも午前、午後に1回ずつ計4回開催します(各回とも同じ内容になります)。
* 10月26日に開催したイベントと似た内容になります。
前回開催のイベント

イベントの様子を写真と動画で撮影させていただきます。写真と動画は研究論文への掲載、学会発表の目的で使用します。

講師紹介

東風上 奏絵(こちがみ かなえ)氏(東京大学大学院学際情報学府 博士課程)

※未来館オープンラボとは?
研究者と市民が最先端の科学技術をつくっていく、ひらかれた実験場です。未来館を舞台に、市民から広くデータを募ることに加え、市民と研究者の対話を促すことで、多様な視点がとりこまれた研究をともに進めています。

開催日時
2019年11月23日(土) (1)10:30~12:00、(2)14:00~15:30
2019年11月24日(日) (3)10:30~12:00、(4)14:00~15:30
開催場所
日本科学未来館 7階コンファレンスルーム木星
定員
各回30名
対象
小学校4年生以上
参加費
無料
申込可能人数
ご本人含め同時に4人まで
申込方法
WEBによる申込、先着順。下記に表示される[お申込みボタン]より、「イベント申込フォーム」にてお申込みください。 定員に達し次第募集を締め切ります。
申込期間
2019年11月1日(金) 10:00~2019年11月22日(金) 17:00
主催
日本科学未来館、国立大学法人東京大学大学院情報理工学系研究科 情報システム工学研究室
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
イベントのお申し込み
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。