イベント情報

イベントアーカイブ

<2019年 キミ×ケミ~君と見つける化学~> 実験教室「次世代太陽電池プロジェクト」化学の日特別版!要申込

(参考)実験教室「次世代太陽電池プロジェクト」の様子
研究が進められているカラフルな有機薄膜太陽電池

10月23日の「化学の日」を記念して、日本科学未来館では20日に「2019年 キミ×ケミ~君と見つける化学」を開催します。今年のテーマは「化学で生まれる!使える!これからの電気」。

日本の電気の約5%は、太陽光発電で作られています(2017年)。持続可能な社会のために「太陽光エネルギーをもっといろいろなところで使いたい!」―― そんな願いを叶えるかもしれない次世代の太陽電池が「有機薄膜(ゆうきはくまく)太陽電池」です。

有機薄膜太陽電池は、薄く、柔らかく、軽いという特徴から、これまでの太陽電池が設置できなかったような場所での活用が期待されています。さらに、さまざまな色や形を作れるデザイン性の高さからも私たちの生活の中に溶け込みやすいと考えられています。未来は建物の窓や曲面の屋根といったあらゆる場所で太陽光発電が可能になっているかもしれません。

この実験教室では、みんなで白衣を着て、電気を流してつくった薄いプラスチックの膜にペンキのような液体をつけたりすることで、有機薄膜太陽電池をつくります。実際につくって、光を当てると電気が生まれる現象を体験することで、この新しい太陽電池の特徴や発電のしくみ、また解決すべき課題がわかってくるでしょう。さらに、未来の社会では太陽電池はどのように進化しているのか、どのように使われているのか、未来を先取りして眺めることができます。これからのエネルギーはどうなってほしいか、実験をヒントに探ってみましょう。

※化学実験を行いますので、長ズボン、靴のご着用でのご参加をお願いいたします。半ズボンやサンダル履きでの参加はできません。
※当選者以外の方は、参加者エリアに同席いただくことはできません。見学は可能ですが、参加者エリアと見学者エリアは分かれております。


企画・ファシリテーション

梶井 宏樹(日本科学未来館 科学コミュニケーター)


「化学の日」とは

日本化学会、化学工学会、新化学技術推進協会、日本化学工業協会が、2013年に10月23日を「化学の日」と制定しました(アボガドロ定数:モルの物質中に存在する粒子の数 = 6.02 × 10の23乗に由来)。化学の日の前後では、化学への理解増進・啓発を目的とした活動が各地で行われています。

開催日時
2019年10月20日(日) 10:30~12:30 <受付時間:10:20~10:30>
※受付は会場前で行います。
※受付に遅れた場合、参加をお断りさせていただく場合がございます。
開催場所
日本科学未来館 3階 実験工房
対象
小学4年生~
定員
12名(事前申し込み抽選)
参加費
入館料のみ
申込可能人数
ご本人含め同時に2人まで
申込方法
WEBによる申込、抽選制。
申込期間中、下記に表示される「お申し込みフォーム」よりお申込みください。 抽選結果は2019年10月4日(金)までに、ご記入いただいたメールアドレスまで当選の可否をご連絡いたします。
[お申込みフォーム]
申込期間
2019年9月20日(金)14:00 ~ 2019年9月30日(月)17:00
主催
日本科学未来館
後援
公益社団法人 日本化学会
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。