イベント情報

イベントアーカイブ

第14期メディアラボ関連イベント ふれてみよ!「さわれる情報環境」ツアー

メディアラボ第14期展覧会
細やかな触感を伝えるテレイグジスタンスロボット「TELESAR Ⅴ」

10月22日公開の「メディアラボ第14期展示 『まず!ふれてみよ-テニトルセカイ ツナグミライ-』」では、バーチャルリアリティ研究の世界的権威である慶應義塾大学の舘暲教授の研究を紹介しています。その公開に合わせて展示の解説と研究室見学を合わせた特別ツアーを行います。
舘暲教授は日本で初めてバーチャルリアリティの考え(テレイグジスタンス)を提唱し、数々の独創的な研究をされてきました。舘先生が目指す、見たものを見たままに「さわれる情報環境」とは?テレイグジスタンス研究がもたらす未来の生活とは?
展示やロボットに実際にさわって、未来の生活を想像してみましょう。

メディアラボ代表研究室
舘 暲氏 (東京大学 名誉教授、慶應義塾大学 大学院メディアデザイン研究科 教授)

1946 年1月生まれ、東京都出身。1973年3月、東京大学大学院工学系研究科計数工学専攻博士課程修了、工学博士。東京大学教授などを経て、現在、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科特任教授・国際VR研究センター長、東京大学名誉教授。
盲導犬ロボット、テレイグジスタンス、TWISTER、再帰性投影技術、触原色などの先駆的研究で世界的に知られている。

企画: 松井 彩(日本科学未来館 対話プログラム開発課 科学コミュニケーター)

開催日時
2014年10月25日(土)13:00~14:00 (受付12:30~12:55)
2014年10月26日(日)13:00~14:00(受付12:30~12:55)
開催場所
日本科学未来館 3階
対象
小学生から大人の方まで
定員
各回15名
参加費
入館料のみ
参加方法
12:30~12:55に3階総合案内横の受付までお越しください。
※撮影した写真やビデオを、展示記録や広報などの目的で使用する場合があります。 予め、ご了承ください。
主催
日本科学未来館
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。