イベント情報

イベントアーカイブ

G空間EXPO2014

G空間とは、ナノテクノロジー、バイオテクノロジーと並び将来が期待される三大科学技術分野の一つとされている「地理空間情報技術」(Geo technology)の頭文字のGを用いた、「地理空間(情報)」の愛称です。

今年で4回目を迎えたG空間EXPOでは、近年急速に普及するスマートデバイスや、2020年に向けて進化のスピードを更に上げ続ける位置情報サービスといった、今や生活に欠かすことができなくなっている位置情報に関する最先端技術を一堂に集結させます。
今年のG空間EXPOのキャッチコピーは「ニッポンの未来は、オモシロイ。」
驚きと感動で期待膨らむニッポンの未来を実感できる『G空間EXPOメッセージゾーン』では、3日間通して、G空間社会をけん引する各界のオピニオンリーダーや多彩なゲストによる様々なステージプログラムを開催します。また、「G空間って何?」といった疑問にお答えするため、私たちの身近にあるG空間情報を利用している製品やサービス等を紹介するとともに、これらを支える仕組み等を分かりやすく説明します。


プログラム

メッセージゾーンとは?
G空間EXPOメッセージゾーンにおいては、「G空間社会って何?」 という疑問にお答えするため、G空間EXPOの導入部として、私たちの身近にあるG空間情報を利用している製品やサービス等を紹介するとともに、これらを支える仕組み等を分かりやすく説明します。
また、G空間社会を牽引する各界のプレーヤーや、多彩なゲストによるさまざまなステージプログラムや体験アクティビティを実施します。



企業・団体・機関等の展示・体験イベント等により、日本のG空間社会を支える最先端の技術やサービス等を紹介します。出展各者による高度で専門的な展示を通じ、G空間社会についてもっと知りたいといった一般の方々や、情報収集を目的としたビジネス層のニーズに対応します。



G空間情報に関する独創的なアイデア、ユニークな製品、画期的な技術等を持つ中小事業者、ベンチャー企業、大学・研究機関等による展示やプレゼンの機会を提供し、関係者間の交流を促進します。
展示やプレゼンを行うプレゼンターは一般公募し、選考の上決定しました。 プレゼンターには、会場においてアイデアや製品等の展示やプレゼンを行っていただきます。
また、プレゼンについては審査員による審査を行い、優秀な作品については表彰を行います。



自治体職員及び教育関係者への研修等を実施します。
また、来場した親子・児童生徒向けの体験イベントや、 G空間EXPO会場内、日本科学未来館館内のツアーなどを実施します。



G空間社会への理解を深めるための講演・シンポジウムから、G空間社会を支える最新情報や研究成果発表、業界・技術動向の紹介など、関係各団体によるさまざまなプログラムを実施します。

開催日時
2014年11月13日(木)~11月15日(土) 10:00~17:00※プログラムにより異なります。
開催場所
日本科学未来館 1階 シンボルゾーン、企画展示ゾーン他
対象
児童生徒から社会人まで幅広い層
参加費
無料
参加方法
一部事前申込み
主催
G空間EXPO2013 運営協議会
構成員
公益社団法人日本測量協会、一般社団法人全国測量設計業協会連合会、
一般社団法人日本測量機器工業会、公益財団法人日本測量調査技術協会、
一般財団法人衛星測位利用推進センター、gコンテンツ流通推進協議会、
一般社団法人地理情報システム学会、内閣官房、内閣府宇宙戦略室、
国土交通省国土政策局、国土交通省国土地理院、
独立行政法人宇宙航空研究開発機構
共催
日本科学未来館、臨海副都心まちづくり協議会
後援
東京都港湾局
問い合わせ先
G空間EXPO2014運営協議会事務局
国土交通省国土政策局国土情報課
TEL:03-5253-8353
国土交通省国土地理院企画部地理空間情報企画室
TEL:029-864-2741
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。