イベント情報

イベントアーカイブ

2014年ノーベル賞関連イベント

2001年のノーベル化学賞を受賞した野依良治先生のメダル(写真提供: 名古屋大学)
サイエンスミニトークの様子

歴史の長さと賞金額の大きさから、世界で最も有名な賞であるノーベル賞。アルフレッド・ノーベルの遺言により「人類の幸福に貢献した人」に対して毎年、贈られます。今年の受賞者の発表は、10月6日(月)の生理学・医学賞をから始まり、10月7日(火)物理学賞、10月8日(水)化学賞と続きます(このあと、平和賞、経済学賞、文学賞が順次発表されます)。
今年はどの研究分野に対して、誰が受賞するでしょう?
未来館では、ノーベル賞を、偉大な研究を紹介する好機ととらえ、毎年、自然科学3賞の発表当日まで、受賞者を予想する活動を行っています。発表後は、受賞対象となった研究の紹介とともに、科学のトレンドを紹介します。

今年は、10月6日(月)より展示フロアの一角に科学コミュニケーターの常駐する「ノーベルスタジオ@Miraikan」を設けます。ご来館の折りには、ぜひ気軽にお立ち寄りください。一緒に今年のノーベル賞を楽しみましょう。また、受賞者の発表後数時間のうちに公開するブログでの解説記事や、展示フロアで行う「サイエンス・ミニトーク」を科学コミュニケーターたちが作りあげる様子を、ニコニコ生放送「未来館チャンネル」で生中継します。

ノーベル賞各賞発表日まで

科学コミュニケーターブログ「2014年ノーベル賞を予想する」

各賞につき3人の科学コミュニケーターが受賞者を予想。その方の業績のどこがどうすごいのかを紹介します。
期間: 2014年9月8日(月)~
URL: https://blog.miraikan.jst.go.jp/



サイエンス・ミニトーク「どうなる!? 今年のノーベル賞」

そもそもノーベル賞とは何かとともに、今年の受賞が予想される研究者とその業績を15分で紹介。
開催期間: 2014年9月8日(月)~各賞の発表当日まで
参加方法: 直接会場までお越し下さい
時間: 平日12:05~12:20/土日祝11:50~12:05
場所: 3階未来をつくる



特設サイト「ノーベル賞を予想しよう!2014」

自分の予想を投票したり記入したりする参加型の特設サイトです。去年は見事に的中させた方がいました!
期間: 2014年9月22日(月)~各賞の発表日の17時まで
URL: こちらの特設サイトは公開を終了しました。

ノーベル賞各賞発表の当日とそれ以降

科学コミュニケーターブログ「2014年ノーベル賞は......」

各賞とも、発表当日のうちに解説記事を掲載します。
URL: https://blog.miraikan.jst.go.jp/

ノーベルスタジオ@Miraikanの設置

科学コミュニケーターが常駐します。ブログなどの情報発信を含め、期間中のノーベル賞の活動拠点です。お気軽にお立ち寄りください。
期間: 2014年10月6日(月)~10月11日(土)
場所: 3階 実験工房


ニコニコ生放送「ノーベル賞の裏側@Miraikan」

受賞者の発表のその時を科学コミュニケーターたちはどのように迎えるのか?ノーベル賞の解説を交えながら生放送!
放送日: 10月6日(月)17時~19時(予定) 生理学・医学賞
   10月7日(火)17時~19時(予定) 物理学賞
   10月8日(水)17時~19時(予定) 化学賞
URL: https://ch.nicovideo.jp/miraikan



サイエンス・ミニトーク「どうなった!? 今年のノーベル賞」

誰がどういう業績をどう評価されて受賞したのかを15分で解説。
開催期間: 2014年10月8日(水)~19日(日)(予定)
参加方法: 直接会場までお越し下さい
時間: 平日12:05~12:20/土日祝11:50~12:05
場所: 3階未来をつくる



ニコニコ生放送「誰でもわかる今年のノーベル賞」

日本人の受賞に湧いた今年のノーベル自然科学3賞。今年の受賞テーマについてふりかえる番組をニコニコ生放送で放送します。
当日は、未来館の科学コミュニケーターが自然科学3賞の受賞内容を紹介するほか、ゲストスピーカーに日経サイエンスの古田彩氏とNewtonの板倉龍氏を迎え、 今年の研究テーマの受賞理由などを、科学誌編集者の視点を交えてお話いただきます。
また、未来館の科学コミュニケーターがノーベル賞受賞後の天野浩先生へ取材を敢行。実験にまつわるマニアックなエピソードなども、番組の中で披露する予定です。
ノーベル賞の熱はまだまだ冷めてません!これらの研究は私たちにどんな未来を もたらすのでしょう。皆さん、ぜひご覧ください!
放送日: 2014年10月25日(土) 19:30~20:30
出演:Newton編集部 板倉龍氏
日経サイエンス編集部 古田彩氏
科学コミュニケーター・堀川晃菜、福田大展、髙橋麻美、詫摩雅子
司会:増子瑞穂氏



※過去の受賞内容を紹介するミニトークや、2000年に受賞された白川博士による実験教室もあります。

開催日時
2014年9月8日(月)~10月19日(予定)
開催場所
日本科学未来館 3階 未来をつくる、実験工房、日本科学未来館ホームページ(WEB)
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。