イベント情報

イベントアーカイブ

【トイレまつり】「プチトイレ絵付けワークショップ」要申込

絵付けされたプチトイレ
制作風景
磯村司氏

企画展「トイレ? 行っトイレ!~ボクらのうんちと地球のみらい」の関連イベントとして開催する「トイレまつり」。「水の日」を記念して、トイレについて楽しく学ぶお祭りをひらきます。2日間にわたり、ワークショップや体験が満載。トイレを軸に、地球環境を支える水・衛生・環境についていろいろな発見ができます。

こちらは、本物のトイレと同じ陶器でできたミニチュアのトイレに絵付けするワークショップです。人間の生活にとっても、地球環境にとっても欠かせない存在となったトイレ。人間とトイレ、そして、地球についてお話を聞きながら、「こんなトイレがあったらいいな」という思いを形にしてみましょう。

平安時代から続くやきものの町、愛知県・常滑(とこなめ)市にある「INAXライブミュージアム」から講師をお迎えして、子どもから大人まで十分に楽しめる内容で開催します。
できあがった皆さんオリジナルの「プチトイレ」は、ぜひお持ち帰りください。

ワークショップ講師

磯村 司(いそむら・つかさ)
INAXライブミュージアム ワークショップ担当

やきものの街「常滑」に生まれ、やきものに囲まれて育つ。1979年伊奈製陶株式会社(後のINAX、現在のLIXIL)に入社し、20年間、便器など衛生陶器の製造に携わる。1992年から1年半マレーシアで衛生陶器の技術指導を行う。かねてより工芸に興味があり、希望が叶い、2002年から現職。2006年の「INAXライブミュージアム」グランドオープンに際し、やきものの材料でつくる「光るどろだんご」を考案、全国に広める。2010年の上海万博では、1週間にわたり「光るどろだんごづくり」ワークショップを開催、好評を得る。

企画・ファシリテーション: 濱五十鈴(日本科学未来館 科学コミュニケーター)



企画展「トイレ? 行っトイレ!~ボクらのうんちと地球のみらい」

「トイレ」を軸に、うんちから地球環境の問題まで考える企画展(2014年7月2日~10月5日)。うんちから地球環境までさまざまな話題を見つめながら、私たち人間にとって幸せなトイレとはどのようなものかを探っていきます。

詳細はこちら

開催日時
2014年7月26日(土) 、7月27日(日)いずれも14:00~15:30(受付 13:50~)
開催場所
日本科学未来館 1階シンボルゾーン トイレまつり会場内
対象
幼児から大人
定員
20名
参加費
無料
参加方法
WEBによる事前申込制です(定員をこえるご応募をいただいた場合は募集〆切後に抽選となります)。
下記に表示される[お申込みボタン]より、「イベント申込フォーム」にてお申込みください。 抽選結果はご入力いただいたメールアドレスまで当選の可否をご連絡いたします。
※本イベントの申込みは終了しました。結果はメールでご連絡していますが、何らかの事情によりメールが届いていない方は未来館(03-3570-9151)までお問合せください。
申込締切
2014年7月13日(日)12:00
主催
INAXライブミュージアム(LIXILグループ)
共催
日本科学未来館
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。