イベント情報

イベントアーカイブ

Miraikan×NHK for school ワークショップ 「キミなら何つくる?」ココが大変身!@日本科学未来館要申込

キミなら何つくる?
ただいま大変身中
辻 政博氏
三澤 一実氏

新たに公開となった子ども向けスペース "おや?"っこひろばのオープニングイベントとして、NHKの図工番組「キミなら何つくる?」の制作アドバイザーである辻政博氏と三澤一実氏と共にワークショップを開催いたします。

「キミなら何つくる?」は、NHKの提供する教育サービス「NHK for School」の図工番組です。お笑いコンビのCOWCOWと小学6年生のうぶちゃんの3人組が、和気あいあいと自分の思い込めた3者3様の作品をつくっていきます。特に、自分の思いを表すための発想や構想の過程を大切に伝えます。

今回は番組ラインナップの中から、「第5回 ココが大変身!」をアレンジ。番組中では、3人が集ういつもの図工室をビニール素材で飾り付け、大変身させました。今回、日本科学未来館未来館では、身近な材料である『紙』を使って、みんなで"おや?"っこひろばをすてきに大変身させましょう! 子どもたちは、場所の雰囲気を変える楽しい製作を通じて、材料の新しい使い方・見せ方を発見するなど、自然と発想力がついていきます。

保護者の皆様へ
保護者の方も、ぜひお子様と一緒にご参加下さい。子どもたちのなかに「おや?」というハテナが生まれる瞬間、子どもたちは何を見て、どのように考え、それをどんな言葉にするのでしょうか。ともにワクワクしながら楽しんでいただきたいと思います。

ワークショップ講師


辻 政博(つじ まさひろ)
帝京大学教育学部専任講師。元東京都図画工作研究会会長。東京都の公立小学校で、図工専科の教員として30年間勤務。自分で、感じて、考えて、表現する、楽しい図工を実践している。各所で、図工のワークショップを実施。

三澤 一実(みさわ かずみ)
武蔵野美術大学教授。中学校の美術科教員から美術館教育普及担当を経て、大学では美術教育について教えている。旅するムサビを主宰し全国各地の小学校や中学校、美術館で作品鑑賞や造形ワークショップを展開し美術の楽しさを伝えている。

企画・ファシリテーション: 濱五十鈴(日本科学未来館 科学コミュニケーター)

開催日時
2014年6月21日(土) 13:00~14:30(受付 12:50~)
開催場所
日本科学未来館 3階 "おや?"っこひろば
対象
幼児から小学生
定員
40名(保護者含む)
参加費
無料
申込方法
WEBによる事前申込制です(定員をこえるご応募をいただいた場合は募集〆切後に抽選となります)。
下記に表示される[お申込みボタン]より、「イベント申込フォーム」にてお申込みください。 抽選結果は締め切り後7日以内に、ご記入いただいたメールアドレスまで当選の可否をご連絡いたします。
申込締切
2014年6月13日(金) 12:00
主催
日本科学未来館
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。