イベント情報

イベントアーカイブ

第14回CSISシンポジウム 「空間情報科学のソーシャル・インタフェース」要申込

もし、私たちが時計=時間という情報を持ち歩くように、誰もが「空間情報」を持てるようになったら、どのような変化が起こるでしょうか?

空間情報科学(※)が社会の様々な状況にインストールされることで、そのような近未来がやがて訪れます。空間情報はリアルタイムに更新され、蓄積され、各人に様々な便益をもたらし、さらには相互に共有することでソーシャルバリューを生み出すでしょう。

本シンポジウムでは、日本科学未来館の常設展示「アナグラのうた」を題材に、様々な先進的な事例を紹介しながら、これからの空間情報に起こりえる変化を紐解きます。さらには異分野の専門家と共に、空間情報科学がインストールされた社会における技術やアイディアを発想し、それらの種が人間の生にもたらす新しい価値を探求します。

※「空間情報科学」とは、実世界の情報を計測し、人やモノのふるまいを計算により理解することで、私たちの行動を支援するための新しい科学技術です。 日本科学未来館の常設展示「アナグラのうた」は、空間情報科学がもたらす、近未来の空間情報と人や社会との関わり方を具現化した展示空間です。

(本イベントはUstreamでライブ中継を行います。)

- 出演 -

【研究者】
柴崎亮介、有川正俊(東京大学空間情報科学研究センター)
中島直樹(九州大学病院 メディカル・インフォメーション・センター)、
堀口良太(株式会社アイ・トランスポート・ラボ)
ほか

【クリエーター】
飯田和敏(ゲーム作家/株式会社グラスホッパー・マニファクチュア/「アナグラのうた」演出)
犬飼博士(eスポーツプロデューサー/エウレカコンピューター株式会社/「アナグラのうた」コンテンツディレクション)
禿真哉(建築家/株式会社トラフ建築設計事務所/「アナグラのうた」空間設計)
中村隆之(作曲家/株式会社ブレインストーム/「アナグラのうた」サウンドディレクション)

【ナビゲーター】
[メイン] 柴崎亮介 (東京大学空間情報科学研究センター)、[サブ]小沢淳(日本科学未来館)

東京大学 空間情報科学研究センター 参加申し込みページ(受付は終了しました。)

USTREAM: LIVE_Miraikan

開催日時
2012年1月31日(火) 13:30~17:00
※11:30~、「アナグラのうた」もご体験いただけます。
※シンポジウム受付・会場13:00~
開催場所
日本科学未来館 7階 みらいCANホール
(サテライト会場: 3階 常設展示「アナグラのうた 消えた博士と残された装置」)
定員
300名
参加費
無料
参加方法
事前申し込み制
東京大学 空間情報科学研究センター 参加申し込みページよりお申し込み下さい
主催
東京大学 空間情報科学研究センター
共催
日本科学未来館、地理情報システム学会
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。