イベント情報

イベントアーカイブ

「地下展 UNDERGROUND」関連イベント 「地下に残る大量絶滅の記録」要申込

隕石衝突:直径10kmの隕石が衝突した衝撃を表すシミュレーション
スノーボールアース:全球凍結した地球のイメージ

「地下」には過去に起こった様々な出来事が記録されています。 中でも、地球史上まれにみる生物の大量絶滅を引き起こした二つの事件、「巨大隕石の衝突(宇宙から飛来した巨大隕石が地球に衝突したという説)」と「スノーボールアース(全球凍結、地球全体が凍りついたことがあるという仮説)」について、最新の研究から謎に迫ります。

【プログラム】

(1)講演: 「巨大隕石の衝突」 13:30~14:25
多田隆治 (東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 教授)
-略歴-
1981年 東京大学大学院理学系研究科 地質学専門課程博士課程 修了
1983年 日本学術振興会 海外特別研究員(米国ハーバード大学 客員研究員)
1991年 東京大学理学部 講師を経て、2000年より現職。

-専門-
地球システム変動学(古海洋学、古気候学、堆積学)

-著書-
共著「進化する地球惑星システム」(東京大学出版)、共著「海と環境」(講談社)、共著「潟・海・日本人
日本海文明交流圏」(講談社)、共著「日本の地質学100年」(日本地質学会)ほか

※14:25~14:35 休憩

(2)講演: 「スノーボールアース(全球凍結)」 14:35~15:30
田近英一 (東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 准教授)
-略歴-
1992年 東京大学大学院理学系研究科博士課程修了
1992年 東京大学気候システム研究センター研究員(日本学術振興会特別研究員)
1993年 東京大学大学院理学系研究科助手を経て、2002年より現職.

-専門-
地球惑星システム進化学

-著書-
共著「進化する地球惑星システム」(東京大学出版),共著「宇宙で地球はたった一つの惑星か」(ウェッジ), 共著「気象ハンドブック第3版」(朝倉書店),共著「地球進化論」
(岩波書店),共著「地球システム科学」(岩波書店)ほか

開催期間
2007年10月6日(土) 13:30~15:30(13:00開場)
開催場所
日本科学未来館 7階 みらいCANホール
参加費
無料
定員
300名
お申し込み方法
【WEBでのお申し込み】
締切りました。
主催
日本科学未来館、日本地球惑星科学連合
お問い合せ先
日本科学未来館
〒135-0064 東京都江東区青海2-41
TEL:03-3570-9151 / FAX:03-3570-9150
URL:https://www.miraikan.jst.go.jp
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。