地下展 UNDERGROUND-空想と科学がもたらす闇の冒険

※本展示は終了しました。ご来館ありがとうございました。

展示概要

私たちの足元にある地下世界。地下鉄などが埋まるライフラインのその先は、宇宙にも匹敵するほどの広大なフロンティアが広がっています。現在、その闇の世界について、さまざまな研究やプロジェクトが進行しています。そこから明らかとなったのは、地下には、地上をしのぐほどの生物圏が存在し、全生命の祖先は地下に住む生物から発生したのではないかとする研究結果や、地球環境の歴史、地球の未来に関する結果の数々です。本展では、そうした最先端科学の研究成果に、神話や小説、哲学など空想豊かに語られてきた「地下」の姿を手がかりに、誰も見たことのない闇の世界を描き出します。

会期中には、地下施設を見学する「地下探検ツアー」やトークイベント「地下の達人に訊く!」など、さまざまな関連イベントを予定しています。また、都営地下鉄の定期券をご持参の方には、割引料金にてご入場いただけます。

開催期間:
2007年9月22日(土)~2008年1月28日(月)
開館時間:
午前10時~午後5時(入館は閉館時間の30分前まで)
場所:
日本科学未来館1階 企画展示ゾーンa、b
休館日:
毎週火曜日(祝日、冬休み期間は開館)、年末年始(12/28~1/1)
入場料:
大人 900円、18歳以下 350円
団体8名以上:大人 800円、18歳以下 310円
友の会:大人 400円、18歳以下 150円
※常設展示見学可
※障がい者手帳所持者は当人および付き添い者1名まで無料
主催:
日本科学未来館、朝日新聞社
後援:
文部科学省、国土交通省、東京都教育委員会
特別協賛:
国際惑星地球年日本実行委員会、原子力発電環境整備機構、日本ロレックス株式会社、発泡スチロール再資源化協会
協賛:
独立行政法人産業技術総合研究所地質調査総合センター、石油連盟
協力:
東京都建設局、東京都交通局、日本地球惑星科学連合
企画・制作:
日本科学未来館
総合監修
平朝彦(海洋研究開発機構 理事)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

企画展