企画展「メイキング・オブ・東京スカイツリー® -ようこそ、天空の建設現場へ-」

※本展示は終了しました。ご来館ありがとうございました。

展示構成

ZONE0 エントランス

ZONE0

東京スカイツリーの頂上で作業をする解体用クレーンがお出迎え。工事現場の雰囲気を体感します。


ZONE1 「夢ヨシ!江戸からTOKYOへ ~どうして作るの? ~」

ZONE1

東京は、平らな木造都市「江戸」から、世界屈指の高層都市「TOKYO」へと劇的に変化しました。高層建設の歴史は、人類の夢と技術が集積した歴史そのものと言えるでしょう。ここでは、床に広がる江戸の古地図から都市の変遷を探り、浮世絵、絵巻に描かれる江戸時代の職人の姿から、現代にも受け継がれる日本人のものづくりの精神を見つめます。また、歴代の世界と日本の高層建築ランキングを一望し、人類の高さへのあこがれと挑戦を再認識します。


ZONE2 「形ヨシ!夢から「セッケイズ」へ ~どうやって形が決まるの? ~」

ZONE2

世界一の高さを誇る自立式電波塔 東京スカイツリーはどのように設計されたのでしょう? 地盤、風、地震、限られた建設地、複雑な法規。日本特有のさまざまな難問をクリアした最適、最良、最高を満たした設計図が完成するまでを、本物の図面、模型、CGを使いながら、余すところなく紹介します。


ZONE3 「現場ヨシ!設計図から「ホンモノ」へ ~どうやって建てたの? ~」

ZONE3

設計図ができあがり、自立式電波塔としては未知の高さを実現することが決まった東京スカイツリー。作業者や近隣住民の安全、一定の期間の中で建てるための効率、電波塔としての最高水準の品質を保ちながら、「ホンモノ」を完成させるまでの行程を公開します。ここでは、建設中の東京スカイツリーの高位置から撮影した3D映像を、実物のタワークレーンに乗り込み眺めることができます。立ち入ることのできない建設現場の作業員の視点を疑似体験してみましょう。


ZONE4 「未来ヨシ!「今」から「未来」へ ~だれに伝えよう? ~」

ZONE4

世界に誇るべき日本の建築技術を学んだ上で、第一線で都市作りに関わる人々や技術者、研究者、文化人が理想とする街の話に耳を傾けながら、未来の理想都市について来館者とともに考えます。また会場には、レゴ® ブロックで作った1/100スケールモデルの東京スカイツリーが登場。その足元には、5月22日に開催されるプレイベント「Build the Future CITY!~レゴ® ブロックで東京スカイツリー®のある夢のまちをつくろう~」で子どもたちによって作り上げられた、未来の都市が広がる予定です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

企画展