松本零士と毛利衛の宇宙ロマン展「火星への旅」

※本展示は終了しました。ご来館ありがとうございました。

展示概要

地球出発から火星到着までの行程を、映像と展示物でストーリー性豊かに辿りながら、「最新の科学技術」「想像力と科学技術」「宇宙や火星の秘密」、そして、宇宙に輝く青い星「まほろばの地球」を考える展示イベントです。

今回のストーリー展開は理論的には実現可能なものであり、単なる空想的夢物語に ならない現実性を持たせるように工夫をしていきます。
壮大な宇宙をテーマに卓越した想像力で、次々と宇宙のスペクタルを描きあげる作家・松本零士氏と、日本人初の宇宙飛行士で、青い地球を宇宙の視点から見つめた当館館長の毛利衛により展示構成に幅をもたせます。今年は、松本氏にとっては画業50周年、館長の毛利にとっては宇宙飛行10周年の記念の年にもあたります。

開催期間
2002年7月24日(水)~9月23日(月)
開催場所
日本科学未来館 1階 催事ゾーン
料金
常設展示との共通券(大人 1,200円(1,000円)/18歳以下 800円(600円)/6歳以下の未就学児は、引率者1名につき2名まで無料/障害者手帳所持者は当人及び付き添い者1名まで無料)
主催
宇宙ロマン展実行委員会、(株)NHKプロモーション
共催
日本科学未来館
お問い合せ
TEL: 03-3665-3921 宇宙ロマン展実行委員会(エムスリイエンターテイメント内)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

企画展