アースラウンジ vol.4 マッハ2.0~超音速で移動する

※本展示は終了しました。ご来館ありがとうございました。

展示概要

アースラウンジとは "地球の下で地球に思いを馳せる"をテーマに開催する異色のシリーズ企画。未来館のシンボルである巨大球体ディスプレイ「Geo-Cosmos」が映し出す美しい地球の下で、ふだん意識することのない地球の存在を新しい切り口で感じる場を提供します。

今回は、「空・移動・スピード」をテーマに、次世代の輸送手段として宇宙航空研究開発機構(JAXA)が進めている次世代超音速機技術の研究開発を紹介します。
昨年10月にオーストラリアで飛行実験に成功した小型超音速実験機(NEXST-1)をシンボルゾーンに展示し、本当に自分が超音速で移動しているような感覚となる空間を演出します。

超音速機が実用化されると、日本とアメリカの間をわずか5時間余りで移動でき、日帰りの海外出張も可能になるでしょう。
変化していく将来のライフスタイルを想像しながら、より小さくなっていく地球を実感してください。

開催日時
2006年3月24日(金)~4月10日(月) 10:00~17:00
開催場所
日本科学未来館 1階 シンボルゾーン
入場料
入館料のみ(大人 500円/18歳以下 200円)
主催
宇宙航空研究開発機構、日本科学未来館
お問い合せ先
日本科学未来館
TEL: 03-3570-9151/FAX: 03-3570-915

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

企画展