ウメサオ流 未来館探検! 探検日誌 1 | 企画展「ウメサオタダオ展 -未来を探検する知の道具-」(梅棹忠夫) | 日本科学未来館

企画展「ウメサオタダオ展 -未来を探検する知の道具-」企画展「ウメサオタダオ展 -未来を探検する知の道具-」(梅棹忠夫)

ウメサオ探検隊

ウメサオタダオにならって、京大型カードを手に未来館の中を探検しています(会期中、毎週金土日に開催)。
各回それぞれのテーマで、いったいどのような発見があったのか、隊長役の科学コミュニケーターの報告と隊員たちが書いたカードを通して、ワークショップの様子を振り返ってみましょう。

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|

第1次探検隊
平成23年12月23日、天気は曇り。隊長: 寺田、副隊長: 桑子。
第1次探検隊のテーマは「未来の‘たべる’」。総勢9名の隊員が2チームに分かれ未来館3階を探検した。
探検の結果、光合成と食料の関係についての発見や、カロリーがわかる特殊メガネのアイデアが生まれた。
01_photo.jpg01_report.jpg