AuthaGraph | 「つながり」プロジェクト | 日本科学未来館

TSUNAGARI project

「つながり」プロジェクトとはGeo-CosmosGeo-ScopeGeo-Paletteオーサグラフ

オーサグラフ世界地図

© AuthaGraph


オーサグラフとは

三次元の球体を、面積比を保ちながら二次元の長方形に投影するシステム。この方法でつくられたのが、“球体”である地球を、均等に歪みを分散しながら“平面”に移しかえることに成功した、「オーサグラフ世界地図」です。1999年に建築家・鳴川肇氏らによって考案されました。
多くの人が見慣れているメルカトル図法の地図は、16世紀後半の大航海時代に生まれたもの。高緯度になるほど面積が拡大され、特に南極や北極の形が極端にゆがむなどの欠点がありました。しかし、オーサグラフ世界地図では、地球上の陸地と海域の面積比をほぼ正確に長方形の中に収めることができます。
日本科学未来館は、400年以上もの間使われてきたメルカトル図法にかわる “世界地図の新スタンダード”として、オーサグラフ世界地図を採用しました。「つながり」プロジェクトでは、Geo-PaletteとGeo-Scopeでこの地図を使用しています。

オーサグラフ世界地図
オーサグラフ世界地図
長方形の中に陸地の面積比が極力正しく収められて
いる。メルカトル図法の地図と見比べると、特に南極
(右下の大陸)の見方が大きく異なっていることがわ
かる


オーサグラフ世界地図の特色

オーサグラフ世界地図は、一枚一枚を縦横に並べて限りなくつないでいくことができます。このため、地図上のどのポイントからも、三角形、平行四辺形、長方形などの世界地図を新たに切り出すことが可能。世界のあらゆる場所を中心にした地図をつくることができるのです。
この地図が示しているのは、特定の中心点を排し、世界全体を自由に見渡す観点――「中心のない世界観」です。それは、例えば世界を先導する国々がG7からG20に増えたように、政治や経済、文化などさまざま面で世界の力学が大きく変化している現代、また、情報ネットワークが網の目のように世界を覆う21世紀の世界観を映しだしているといえるでしょう。

--
このほか、地球を周回する衛星の軌跡など、この地図上で時間の推移を表すこともできます。オーサグラフに関する詳細は
AuthaGraph:http://www.authagraph.com/

鳴川肇
1971年生まれ。建築家。芝浦工業大学、東京芸術大学修士課程を修了。「ゴールデン街の小劇場」でJIA卒業設計競技金賞(1994)、 同年幾何学理論の研究を開始。サロン・ド・プランタン賞(1996) 他受賞多数。アーネム建築アカデミー講師,佐々木睦朗構造計画研究所を経て、 2009年AuthaGraph設立

オーサグラフ世界地図
世界地図を縦横に並べ、地球何個分もの世界を一面に
表したもの。ここから世界各地を中心にした地図を切り
出すことができる(地図内の太線)


関連グッズ

日本科学未来館ミュージアムショップではオーサグラフ世界地図のポスター「AuthaGraph World Map ポスター」を販売しています。球体を平面にうつしかえる原理の図解も入っています。

[ご購入方法]
日本科学未来館ミュージアム・ショップ 「Miraikan Shop」にて販売しています。ご希望のお客様には代金引換サービスでのご注文も請けたまわります。Miraikan Shopへお問合せください。

[お問い合わせ]
電話: 03-3529-5781
ファックス: 03-3599-2140

AuthaGraph World Map ポスター
AuthaGraph World Map ポスター(W841mm, H594mm)