企画展紹介

驚き、感動の「モノづくり」。200点以上もの宝物が大集合!

伝統とハイテク、美食やポップカルチャーなどが混在する日本。ここには世界でナンバーワン、オンリーワンの価値をもつ技術と文化があふれています。精巧で緻密、そしておもてなしの精神に富んだ「モノづくり」の数々。日本が生み出した宝物のような製品・技術、200点以上が一堂に会する会場で、日本の「モノづくり」とその歴史的・文化的背景を考える企画展です。



日本企業の低迷がささやかれる昨今ですが、実は日本のモノづくりはますます意気盛ん。デジタルカメラや内視鏡など世界シェア100%近くを誇る企業がひしめき、一方で、生活を彩る食や遊びの分野でも「日本ならでは」のユニークな製品を生み出し続けています。
(日本の主要産業の世界シェアを表すグラフはこちら
本展ではそんな日本のモノづくりの源流に立ち返りながら、長い歴史の中で練り上げられてきた多種多様な技術が結集して、未来をつくる新しい技術へとつながっていることを発見していきます。
伝統技術から最新のビッグプロジェクトまで、千数百年を駆け抜けながら、私たちが未来に向けて何を生み出し、どのような文化を紡いでいくのかを思い描いてください。
さあ、宝探しに出かけましょう!

宝探しの心得

一、いろいろな角度からじっくり見るべし
 
二、つくった人のことを想像するとともに、どうやってつくるかを考えてみるべし
 
三、自分が使うところを想像するとともに、みんながどう使うかを考えてみるべし 
 

宝探しの手がかり

一、技の伝承
二、自然との共生
三、こだわり
四、もったいない
五、おもてなし


会場構成

6つのゾーンに分れた会場には、古代の伝統技術から現在の最先端技術まで、宝物のような「世界一」がズラリ。“宝探し” に出かけるつもりで、会場をめぐりましょう。



ゾーン紹介

源=みなもと

千数百年前のモノづくりの世界から、宝探しは始まります。初めに登場するのは、1300年前から続く伊勢神宮の式年遷宮やたたら製鉄、木工や刀鍛冶など、はるかな過去から受け継がれてきた技と心。日本の創造力の原点を、歴史、環境、文化の観点から考えるゾーンです。

伊勢神宮 御正殿(内宮)©神宮司庁

御正宮の中心となる棟持柱 ©神宮司庁


日本を変えた、世界を変えたイノベーション

世界にインパクトを与える製品を数多く生み出してきた日本。ウォークマン®、カップヌードルなどの有名どころから、二股ソケット、電卓など身近な生活用品まで精選のラインナップです。先人たちの創造力は受け継がれ、こんな新しいイノベーションへとつながっているのです。

音楽を持ち運ぶことを
可能にしたウォークマン®

2011年に世界80ヵ国で
累計販売数317億食を突破。
世界中で食されるカップヌードル


発見!世界一ライフ

朝起きてから夜眠るまで、実は私たちは「世界一」アイテムに囲まれています。「衣」「食」「住」「美」「遊」に分れたエリアには、回転寿司コンベアに化粧筆、イカを釣る機械など、驚くべきこだわりの製品がずらり。おいしさや美しさ、遊びをとことん追求する日本の心は永遠です。

世界最多の本真珠をつけた
ウエディングドレス(ドレスデザイン:桂由美)

イカ釣り漁に革命を起こした、
はまで式全自動イカ釣り機


潜入!世界一ファクトリー

「こんなところに?」と驚くような場所にも、すごい技が隠れています。ここでは車や携帯電話の中に潜む「知られざる世界一」や、ふだん目にすることのないモノづくりの現場を大公開。世界最小のスプリングから、車や街づくりまで、高品質なモノづくりは突出した技術に支えられています。

「打ち出し板金」でつくったアルミバイオリン

世界最小(外径0.065mm)を誇る超微細スプリング


未来へつなげ、ビッグプロジェクト

最後を飾るのは、イプシロンロケットや東京スカイツリー®などの壮大なプロジェクト。たとえば猛スピードの新幹線が数分間隔で運行できるのは、ダイヤを組む技術、保守点検の正確さなど日本の総合力あってこそ。知恵と技術と人の結集こそは、まさしく私たちの宝物です。

安定したダイヤで安全な輸送を継続して行う新幹線

ロケットの小型化に成功した
イプシロンロケット ©JAXA


みんなでつくる世界一

会場を訪れたすべての人が参加するインスタレーション。世界一の技と人への称賛とともに、未来への希望を「拍手」にのせて送り出します。

自分の拍手がみんなの拍手と合体するスクリーン