「メガスターの星空は、まるで宇宙空間で見た星空そのものだった。」

自分がどんなものを作りたいのか。

物作りの要となるのは、技術の力ではなく、
自らが目指すものを明確にイメージする力なのではないか。

「本物の宇宙に近づけたい」

という素朴な思いからメガスターを実現させた大平さんが、そのことを確信させてくれた。

ドームに輝く一つ一つの星は、まさに本物だった。
日本科学未来館 館長 毛利 衛
top page
   




(C)2008 National Museum of Emerging Science and Innovation Miraikan[日本科学未来館]