インタープリターの最先端研究施設訪問記
 

インタープリターの最先端研究施設訪問記

インタープリターが、日本の最先端の研究現場を訪問、その体験をお伝えします。

インタープリターによる深海掘削船日記
2005年11月中旬から1ヶ月半、日本科学未来館のインタープリター櫻井英雄が深海掘削船ジョイデス・レゾリューション号に乗り込み、「船上の研究現場」をパナマの洋上からレポートします。

地球深部探査船「ちきゅう」見学記
全長210m、高さ106mと巨大な海の上の研究所「ちきゅう」の建造の様子を、三菱重工長崎造船所へ、当館の館長・毛利衛とスタッフが見学してきました。その様子をインタープリター(松原、橋本)が報告します。

理化学研究所脳科学総合研究センター
日本国内で数少ない"脳"を総合的に研究する機関である、理化学研究所脳科学総合研究センターを日本科学未来館のインタープリターが訪問、その研究の一端を紹介します。

神岡宇宙素粒子研究施設
スーパーカミオカンデのある岐阜県神岡町の神岡宇宙素粒子研究施設へ毛利館長やインタープリターをはじめ日本科学未来館のスタッフ8名が訪問しました。そのときの様子をレポートします。

理化学研究所横浜研究所
理化学研究所(りかがくけんきゅうじょ 略称:理研)は、 日本で唯一の自然科学の総合研究所です。 理研は、日本各地7ヵ所に主な研究拠点を持っていますが、 そのうちの一つ平成12年4月に完成した横浜市鶴見区の理化学研究所 横浜研究所をインタープリターが紹介します。

  (C) 2005 NATIONAL MUSEUM OF EMERGING SCIENCE AND INNOVATION