陸を駆け、海に潜り、宙に飛び、そして命を支える -現在、そうした人間の活動はすべて繊維に支えられています。かつて人類は、厳しい環境から身を守るために糸を織り、布を身にまとうことを始めました。それから長い年月が流れ、今や繊維は私たちを、より高く、遠く、速い世界へと連れて行ってくれます。近年、特にその開発はめざましく、大きな夢と可能性を秘めた存在なのです。
鮫の肌と同じ構造の皮膚を身につけたら、人は鮫のように速く泳げるのでしょうか?繊維で体の臓器を作ることができたら、いつの日か人造人間は誕生するのでしょうか? 
繊維が私たちに見せてくれる未来予想図を、日本科学未来館に覗きに来ませんか?