科学の世界をディープに語る クロストーク

vol.2

「エイリアン展」関連イベント 長沼毅トーク・ライブ『脱・「知的」生命探査のススメ!』

第2回「人工生命—新しい生命を作る挑戦」池上高志×長沼毅

地球外生命の探求にあたり最大にして最初の問題は、そもそも「生命」とは何か?という問いに対してはっきりした回答がないことだ。生きているとはどういうことか。「生命」と「生物」はどう違うのか。未知の生命に思いを馳せるとき、おのずと人類の存在が意識される。我々は学び、考え、想像する。
果たして生命は永遠の謎であり続けるのだろうか——。現代の科学者、池上高志氏と長沼毅氏は無数のアイデアを散りばめる。動き、水、化学反応、ロボット、時間と空間、法則性、そして遊び……科学の想像力が生命の謎に切り込んでいく対談のダイジェスト映像をお送りしよう。

池上高志

(複雑系・システム論/東京大学大学院准教授)

池上研究室ホームページ

長沼毅

(微生物生態学/広島大学大学院准教授)

長沼毅ホームページ

ブログ「酒と炎の夢日記」

映像で見るクロストーク

SFからはじまる
脱・「知的」生命探査!


きっかけの一冊:
カート・ヴォネガット・ジュニア著
『タイタンの妖女』の詳細へ

9分

2006 (C) NATIONAL MUSEUM OF EMERGING SCIENCE AND INNOVATION