科学の世界をディープに語る クロストーク

vol.1

「エイリアン展」関連イベント 長沼毅トーク・ライブ『脱・「知的」生命探査のススメ!』

第1回「惑星—生命に満ち満ちている宇宙」佐々木晶×長沼毅

人類が長らく夢見てきた地球外生命体との出会いが、ここ十数年の研究から、現実みのある話として語られるようになった。最新鋭の探査機によって集積された惑星探査の結果や、高精度の望遠鏡によって明らかになった277個もの系外惑星。地球よりはるかに高い割合の水をたくわえた衛星の存在や、メタンで生きる生命体(メタン生成菌)の発見など。それら多角的な論拠をもって交わされる佐々木晶氏と長沼毅氏による対話は、地球外生命についての認識を一新する——。ここに、3月20日の「エイリアン」展オープニングに合わせて開催された、対談のダイジェスト映像をお送りしよう。

※日本科学未来館が発行するフリーペーパー「ミーサイニュース」にも掲載しています。
「ミーサイニュース」抜粋版ダウンロード(PDF, 1MB)

佐々木晶

(惑星科学/国立天文台教授)

ブログ「惑星探査徒然草」

国立天文台

長沼毅

(微生物生態学/広島大学大学院准教授)

長沼毅ホームページ

ブログ「酒と炎の夢日記」

映像で見るクロストーク

太陽系で、地球以外の星に生命がいる可能性について
かつての火星と、木星の氷衛星エウロパについての科学的見解

part1 18分

映像で見るクロストーク

土星の衛星タイタンに注目
メタンに覆われた星に、もし生命がいるとしたら?

part2 21分

映像で見るクロストーク

太陽系の外に、生命がいる可能性について
人間原理的宇宙観と、佐々木的、長沼的宇宙観。そして、生命とは?

part3 15分

2006 (C) NATIONAL MUSEUM OF EMERGING SCIENCE AND INNOVATION