“科学”とひとくちに言っても、すでに確立して揺るぎないニュートンの法則から、異論続出の最先端仮説まで、そのありようはさまざまです。だから、私たちと科学の関係や、私たちと科学をつなぐものの姿も、なかなかとらえどころがなく、一筋縄では行きません。そんな混沌を少しでも見通し良くするために、科学とは何なのか、科学の鏡を社会に向けるとどう映るのか、みなさんと一緒に考えてみたいと思います。

« #04-2:児玉幸子 (アーティスト) | メイン | #05-2:三好春樹(理学療法士) »

#05-1:三好春樹(理学療法士)

2008年7月15日

介護と科学の“モード2”をさぐる(1)

2.jpg 3人目のゲストは、「老い」に関わる理学療法士として全国にその名を馳せる三好春樹氏。 老いた者と健康な者、現場の活動と医学知識の間にあるギャップに直面する老人介護。それはそのまま、価値観の違うふたつをつなぎ、実践的活動と理論的研究の間に道筋を通そうと試行錯誤する、科学と社会のコミュニケーションの問題だった。 現場を知りつくした人ならではの、切実さと説得力ある話は、介護にとどまらず、さまざまな分野への応用の可能性を秘めている。 (文=阿蘭ヒサコ、豊永郁代 撮影=邑口京一郎)

みよし・はるき
生活とリハビリ研究所代表。1950年生まれ。高校中退後、特別養護老人ホーム勤務を経て九州リハビリテーション大学校に入学、理学療法士の資格を取得。85年「生活とリハビリ研究所」設立。年間180回に及ぶ講演と実技指導で現場からの熱い支持を集める、この分野の第一人者。主著に『痴呆論』(雲母書房)など

蓄積された知識を再構成する
佐倉

いきなり私事で恐縮ですが、数年前に父が寝たきりになって介護(注1)が始まったんです。いろいろと戸惑うなかで出会ったのが三好さんの本で、その発想や考え方におおいに励まされてきました。同時に、介護の現場は僕の専門である科学と社会のコミュニケーションについて、多くの示唆を与えてくれるものだと感じたんです。今日は科学的知識の使い方や科学との距離のとり方について、三好さんの活動を通してのお話をうかがえればと思います。

1_m.jpg
三好

私は高校を中退した後、介護現場に入ったんですけど、これが不思議な世界でね。病院でもうこれ以上治療できないといわれて、死ぬつもりで特養(特別擁護老人ホーム)に来たじいさんが、半年もするとけっこう元気になる。なんでだろう、って先輩に尋ねると「さあね、担当の寮母(注2)が好みだったんじゃないの」って(笑)。現場では科学的な理由とか因果関係なんて考えないんです。それに、こういうのは従来の医学の枠におさまらない。当時は教科書もなかったので、答えは自分で見つけなければならない、というところから始まりました。

佐倉

それは、ある意味幸せな出発の仕方ですよね。

三好

介護現場で科学は、ふたつの「キョーハク」なんです。ひとつは「エビデンス(根拠)を示せ」という脅迫。科学的根拠はあるのか、と。でもそんなものないんですよ、新しい分野だから。もうひとつは「科学的でなければならない」という自分自身の強迫観念。

佐倉

なるほど。でも三好さんは、どちらの「キョーハク」からも自由でいらっしゃいますよね。 さて三好さんは最初に4年間、特養に勤務されて、その後リハビリテーション大学に入学された。そこで理論を学んでPT(注3)の資格取得後、また現場に戻られたんですよね。

三好

そう。学校では訓練法として医学を学ぶんですが、現場で働いていた自分からすると、その知識は介護にとっての宝の山なんです。でもそこで気づいたのは、そんな素晴らしい医学的知識が現場ではちっとも有効に使われていない、ということだった。医学というのは、ある病気を治すために知識や技術を総動員するものすごい体系で、まさに近代科学の成果のひとつです。でもそれが、「もうこれ以上治りません」という段階がくると、無力になっている。

佐倉

認知症や脳卒中の麻痺は、ある段階以降、もう打つ手がない……。

三好

でもそんなことはないんですよ。例えば排泄ケア(注4)。生理学を学ぶと、朝食後に腸ぜん動が起こり、直腸が収縮して便意というかたちで排便反射が起こることがわかりますよね。そのタイミングがわかれば、どんなに心優しくオムツ交換するより、朝トイレに座ることを介助すればいい。今の医学は確かに認知症を治すには無力だけど、「認知症をもちながらいかに生きていくか」ってことには、いくらでも使えるんです。

1_m.jpg
佐倉

既存の知識が現場に取り込まれていないということなんですね。

三好

今ある膨大な医学や科学の知識を、ひとりの幸せのために使えているのかっていうことなんですよ。科学技術の進歩ってすごいですよね。どんどん新しいことがわかってくる。それはそれでいいんだけど、これまでに蓄積されてきた知識を再構成して、ちゃんと使えるようにしようよと。これは医療と介護の分野だけでなく、全世界的にいえることだと思います。

佐倉

今おっしゃったようなことを「モード2の科学」(注5)というんです。「モード1」は、生物や物理など従来の学問分野で、真理を追求するために行う研究。それに対してモード2は、既存の知識を実際の問題解決のためにどう組み合わせ、応用するかを考えるものです。今の大学はむしろそっちをやるべきだともいわれています。三好さんは先に現場をしっかり経験されてから医学を体系的に学ばれたということですが、この順番は知識の応用や再構成のためにはすごくいいですよね。

1_m.jpg

※注釈の文末に★印のあるものはすべて『実用介護事典』(大田仁史・三好春樹監修、講談社、2005)より抜粋。

注1:介護

自力で生活することが困難な高齢者や障害者に関わり、その人らしい人生を実現すること。介護とは高齢者や障害者が生活の主人公になるための自己媒介化の技術だといえる。それがこれらの人を治療対象としてとらえる医療との大きな違いである。★


注2:寮母

老人福祉施設などで介護に直接関わる職種の名称。男性介護職も増えてきたため、介護職員やケアワーカーなどの名称に変わりつつある。★


注3:PT

Physical therapyまたはPhysical therapistの略。理学療法または理学療法士のこと。理学療法とは、運動することで身体機能を維持、改善しようとする治療法。理学療法士とは、高齢者や障害者の運動機能の維持、改善をはかり、生活の再建を援助する専門職のこと。★


注4:排泄ケア

以前は、オムツ交換が排泄ケアだと考えられてきた。しかし、オムツ交換は、ただ排泄物をあと始末しているにすぎない。老化や障害、痴呆のある人が、どうすればトイレで排泄できるかを一人ひとりに工夫することが、排泄ケアの基本である。★


注5:モード2の科学

1990年代にイギリスのマイケル・ギボンズらが、新しい知識生産方法、科学方法論として唱えたもの。



天動説と地動説を切り替える
佐倉

寝たきりになったうちの父は、最初はとにかく何でも、介護されるのをものすごく嫌がったんです。これまで非常に合理的な考え方をする人だったから、痴呆になったわけでもないのに客観的な判断ができなくなってしまったことが、僕にはすごくショックでした。

三好

そういう認知症のような状態のことを、私は「老い(注6)をめぐる関係障害」といってるんです。だから脳の病気じゃない。老いていく自分の体の変化についていくというのは、ものすごいストレスですよね。そのストレスで、脳の再生が困難になることが原因じゃないかと。老いをめぐるアイデンティティ(注7)の危機といってもいい。

佐倉

ああ、父の場合もまさにそうですね。

三好

自立的に生きてきた人、社会的地位が高かった人ほど、老いて人に頼るのが難しいという傾向があります。そういう人に、例えば老人ホームの「風船バレーボール大会」に誘っても絶対に来ない。だからそんなときは、「風船バレーボール大会の実行委員長として来てくださいませんか」って(笑)。それから閉鎖的な世界で、権威のある立場にいた人たちはボケやすいんですよ。よく言われるんですが、「教師、国鉄、警察官」。

佐倉

ボケる3K(笑)。うーん、大学教授なんて一番危険だな。

三好

あと仮説ですけど、ハゲはボケにくいというのもある(笑)。

佐倉

もしかして、禿げてる人は若いころから自分の老いと付き合ってるからですか?

 
三好

そう。自分のコンプレックスや弱点から逃げないで、必要ならば人の助けを請うて、「ありがとう」と言って生きてきた人は大丈夫なんですよ。それから体でも頭でも、鍛えてる人ほどボケるというのが私の説。10年間脳トレやった人のほうが、認知症の発症が低いというデータが出たら別ですが(笑)。

佐倉

脳トレで出てる効果は、測定する人がそばにいて会話をするせいだ、という説もありますね。

三好

あと誰が介護をするかによっても違う。今日の夜勤が誰かによって、患者の問題行動が出るか出ないかが決まるんです。「おい、今日出るぜ」って。それはもう相性の問題。

佐倉

「今日出るぜ」ですか(笑)。

1_m.jpg
三好

介護の仕事の面白さは、現場で老人の顔を見て、感じて考えて判断して行動して、結果が出ること。老人に笑顔が出るかどうか、出なければ次はどうしようかっていう「現場性」なんです。そんな仕事、介護くらいしかもうないですよ。私ら団塊世代のオヤジが定年退職して蕎麦打ちやるのは、それが自分で考えて判断してできることだからですよ。やったぶんだけ美味くなる。それまで歯車だった反動。悲しいよね。「だったら介護やれよ」、って言うんだけど(笑)。

佐倉

うかがっていると、介護って実はすごく科学的ですよね。人と人との相性などが、言語化はできないけれど経験値というデータで蓄積されて、予測して、検証されるわけですから。

三好

認知症のケアは介護の中ではいちばん科学的ですよ。仮説を立てて、やってみてダメだったら別の方法でやり直す。一方で、医者は科学の名のもとに、手足縛って薬漬けにするっていう極めて非科学的なことをやっている。

佐倉

なんでそうなるんでしょうねえ?

三好

おおげさにいえば、近代科学が対象を客観的に観察することから始まって発達したものだからでしょう。それで法則を見つけ出して、自然を人間の操作の対象にする。この操作対象が自然でなくて人体なのが、医学。最初から相手を受け身にするところから入っているわけです。でも、そんなうすっぺらい科学主義に振り回されることはない。それよりも、「常識」のほうが重要だって私はいつも言うんです。常識とは、知識や技術が生活の中で検証され続けて、その結果残ったものでしょう。だから常識と科学が対立したときは、「迷わず常識につけ」と。まあ逆もあって、天動説と地動説じゃあどう考えても天動説のほうが常識的ですけど。

1_m.jpg
佐倉

ああ、でも天動説だっていつも間違っているわけではなくて、使う文脈によりますよね。日常生活という文脈の中で使うには、むしろ天動説のほうが便利です。今でも太陽は東から昇るとか、お日様が高いうちに酒飲んじゃいかん、とかいう(笑)。

三好

それを「非科学的だ」なんていう人はいませんよね。

佐倉

それどころか、きわめてまっとうな表現ですよ。逆に、「地球上の私が立っている位置が、太陽からの光が当たる位置に、地球の自転によって西から移動しつつある」なんて表現したら、間違ってはいないけど社会生活は送れませんよね。一方で、宇宙飛行士が宇宙から撮った写真を見るときは、地動説の目というか体系で見るべきです。だから、天動説と地動説のどっちかが常に正しいというわけではなくて、重要なことは、文脈や場面に応じて適切に切り替えること……この“切り替え”ができることが、「科学を使いこなす」ということだと思うんです。

注6:老い

★人が年をとり、発達、成熟の段階を経て老化に至った状態やその世界のこと。老いは長生きした人にのみ与えられる人生の貴重な時間である。 フランスの文化人類学者レヴィ・ストロースは西欧が進んでいるとする考えを「自文化中心主義」として批判し、どんな文化も異文化として認めるべきだという「文化相対論」を唱えた。若さをよしとする考えはいわば「自世代中心主義」であり、老いも標準からの逸脱としてではなく、固有の文化を持った世界であると見る視点が必要だろう。


注7:アイデンティティ

★自分はほかのだれでもない自分自身であり、過去・現在・未来の時間的な流れの中で「ひと続きの自分」であるという感覚。老いや死に直面することは、健康に機能していたそれまでの自分のアイデンティティがゆらぐ体験であり、障害や老いを受けとめる過程はアイデンティティを再構成する過程であるともいえる。


2006 (C) NATIONAL MUSEUM OF EMERGING SCIENCE AND INNOVATION