志野渚 (しの・なぎさ)

小学生の頃、父と見に行った獅子座流星群をきっかけに天文学に興味をもつ。高校の部活で国立天文台野辺山に行き、45mの電波望遠鏡に一目惚れ。しかし、遊びほうけて高校卒業時には因数分解すらわからない状態に。
やっぱり天文学がやりたい!と思い大嫌いな勉強を始め今に至る。大学院時代に参加した天文台の一般公開にスタッフとして参加したことがきっかけで科学コミュニケーションに興味をもち、2017年4月から未来館へ。

専門分野

電波天文学、星形成(特に大質量星形成)

いま関心をもっていること

・どうやって簡潔に科学の楽しさを伝えられるか
・英会話の上達
・どうやったら痩せられるか

趣味・特技

趣味:映画鑑賞、寝ること、食べること、食べ歩き、旅行、天体観測
特技:おしゃべり