瀧戸彩花 (たきど・あやか)

人と音楽、人と人の関係について、音楽を通してひも解くといった試みを行っています。大学ではピアノを弾いたり歌ったりしていました。今の音楽業界の現状に危機感を覚え、途中からコースを変更。思い切って大学を変え、大学院から異文化コミュニケーション学の道に。修士課程から博士課程に進学後は、「音楽」の根源的な問いに目を向け、模倣の文化について調査してきました。その中で、IoTに関心をもち、音楽と科学のあり方を世に問いたいと考え、2016年10月より未来館へ。

専門分野

音楽学、コミュニケーション学。文化人類学、哲学と、学際的に幅広く研究しています。音楽の歴史や理論の研究、人と音楽の関わりについての研究はもちろんのこと、人と人が音楽を一つのツールとして用いた際の表現にも着眼し、いかにコミュニケーションしているかを研究しています。

いま関心をもっていること

視覚と聴覚の関係性。
海にもぐること。

趣味・特技

趣味は果実酒作り、電子楽器集め、さまざまな「美」の収集・閲覧です。サブカルチャーも大好きです。特技は中距離と長距離走。1000mを3分で走ります。