山内俊幸 (やまうち・としゆき)

子どもの頃から宇宙が好きで研究の道を目指すも、大学生の頃にコミュニケーションの重要性と視覚的なアプローチの可能性に気づき、グラフィックやプレゼンのデザインを独学。研究しつつデザイナーとしても活動を展開していた。言葉としても視覚としても「伝わる」ことの本質とは何なのかを突き詰めるべく、2016年より未来館へ。

専門分野

高エネルギー天文学。活動銀河核の大質量ブラックホールから噴出する宇宙ジェットにおける粒子の加速についての研究で修士号を取得。

いま関心をもっていること

言葉だけではなく視覚的なコミュニケーションを通して、より科学を伝わるようにするにはどうすれば良いのか?「デザイン」をキーワードにさまざま手法を探ってみたいと考えています。

趣味・特技

書体や文字が好きすぎて、文字を見たり作ったり、和文・欧文組版を勉強したりしています。今は游明朝体が好きです。