櫛田康晴 (くしだ・やすはる)

高校生物の実験で生物学の面白さを知る。大学院では繊毛虫(ゾウリムシの仲間)の細胞核がどのように分裂するかという難題に挑戦。ポスドク(博士研究員)時代は、iPS細胞やオートファジーにかかわる研究に従事。科学者でない方々に科学の面白さとその可能性を伝えることの重要さを痛感し、科学コミュニケーターになる。

専門分野

細胞生物学が専門です。「細胞」のことならなんでも聞いてください!大学時代は生物学に関する生態学・行動学なども学びました。

いま関心をもっていること

科学技術がつくる新しい未来像

趣味・特技

音楽(クラシックギター、合唱、ベース、ドラム他)、演劇、オペラ、現代ダンス、英会話