Google Earth「Voyager」新コンテンツ「地球でめぐる太陽系の旅」を11月15日(水)公開

日本科学未来館(略称:未来館、館長:毛利衛)は、2017年11月15日(水)より「地球でめぐる太陽系の旅」を、オンラインプラットフォーム「Google Earth」 のインタラクティブなガイドツアー「Voyager」に、日本のパートナーとして初めて公開いたしました。

本コンテンツは、地球を"太陽系の一員"と捉え、他の天体と地形や環境を比べることで、今までにない新たな視点で地球を探るものです。Google Earthの機能を最大限活用することで、科学コンテンツを"見る""読む"だけではなく、"自由に操作して探る"インタラクティブな体験を提供します。

また、日本語や英語をはじめとした8ヶ国語で、順次コンテンツを展開。世界中の人々に、日本科学未来館の提案する「新たな視点で地球を見つめなおす」という科学の楽しみ方を体験していただけます。

URL: https://earth.app.goo.gl/cgKT
企画・制作・著作:日本科学未来館、Google

本コンテンツの見どころ

"太陽系の一員"として、地球をさぐる

私たちが暮らす地球は、水や空気があり、気温も温かく、豊かな環境に恵まれています。しかし、このような環境を持っているのは、太陽系の中でも地球だけなのでしょうか。
その謎に、多くの研究が挑戦しています。望遠鏡や探査機など、さまざまな方法で調査されてきた結果、他の天体にも地球と似た環境や地形が見つかりつつあります。
そこで、本コンテンツでは太陽系の他の天体と地球を見比べてみます。特別だと思っていた地球は、実は太陽系の仲間たちと似たところを持っていた。そのような驚きと発見を、ぜひ体験してみてください。

Google Earthを活用した、新しい科学の楽しみ方

Google Earthは、世界中の街や自然、風景など、地球全体を自由に探索できるプラットフォームです。 このGoogle Earthが持つ特徴を最大限活用することで、従来の「科学コンテンツを見る・読む」体験だけでなく、「自分で操作して、新たな発見をする」という新しい楽しみ方を提案します。

8ヶ国語で、全世界へコンテンツを展開

本コンテンツは、日本語と英語のほか、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ヒンディー語の合計8ヶ国語で順次リリースされます。世界中の人々に、日本科学未来館の提案する「新たな視点で地球を見つめなおす」という科学の楽しみ方を体験していただけます。

Google Earth Education Japan

Googleの地図関連サービスを使い、授業づくりに役立つコンテンツをまとめたウェブサイトである「Google Earth Education」が、同じく15日(水)より公開されます。この中で、本コンテンツが紹介されています。 https://www.google.com/earth/education/japan/

問い合わせ先

日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

お知らせ