日本科学未来館がサイエンスアゴラ2017に出展

日本科学未来館は、近隣のテレコムセンタービルで開催するサイエンスアゴラ2017に出展し、「いま社会に必要な放射線リテラシーとは」について、パネル展示を行います。

未来館では、東日本大震災から教訓を学びとり、未来の社会の描き方を市民とともに考える、Lesson#3.11プロジェクトを実施しております。
このプロジェクトが「いま社会に必要な放射線リテラシーとは」と題したパネル展示を行います。サイエンスアゴラ2017開催中、どなたでもご覧いただくことができます。

今回のパネル展示では、団体向けワークショップ「放射線」の内容を詳細にお伝えします。放射線とは何か、そのリスクをどのようなものだと理解すべきなのか、そしてリスクを選択するためには、どのようなフレームの中で考えるべきなのかについて提案をしています。
展示するパネルは、後日Lesson#3.11のウェブページにてダウンロード可能です。


プログラム名: 今、社会に必要な放射線リテラシーとは

開催期間: 2017年11月24日(金) ~ 26日(日) 10:00~16:00 (初日は12:45 ~ 18:00)
開催場所: 東京・お台場 テレコムセンタービル 4階 アトリウムエリア(東京都江東区青海2-5-10)
参加費: 無料
企画提供者: 日本科学未来館


問い合わせ先

日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

お知らせ