自動運転のしくみを学ぶプログラミングワークショップ 未来館を皮切りに科学館4ヶ所で実施!


自動運転ロボットを走らせよう!


車線を認識する自動運転車の技術

日本科学未来館は、全国科学館連携協議会と共催で、ワークショップ「自動運転で動く車のしくみ」の全国展開を実施します。

近年、人工知能(AI)の進展などにより自動運転車が現実のものになりつつあります。このような背景をふまえ、未来館では、自動車メーカーのビー・エム・ダブリュー株式会社と共同で、次世代を担う子どもたちが自動運転に関する技術を学び、自動運転のある未来を一緒に考えるワークショップを企画・開発しました。本ワークショップは全国各地の子どもたちにも学んでもらうため、全国科学館連携協議会に加盟する科学館:情報通信交流館 e-とぴあ・かがわ(香川県高松市)、千葉市科学館(千葉県千葉市)、新潟県立自然科学館(新潟県新潟市)と、半田空の科学館(愛知県半田市)の、4館でも実施されます。

未来館では本事業の全国展開に先立ち、キックオフイベントとし本ワークショップを、クラブMiraikan会員向けに8月27日(日)に実施します。

本ワークショップは、未来館がこれまで開発・実施してきた「ロボット頭脳系」等の実験教室のノウハウや、ビー・エム・ダブリュー株式会社の自動運転に関する技術や知識が活かされています。ワークショップでは、「カーブを曲がる」「信号を見る」「駐車する」など自動運転の動作をプログラミングし、実際に動かす体験を通して、論理的に物事を考える力を育てるとともに、自動運転技術とともに暮らす未来を考えていきます。

各地域4館での開催

事業名: ワークショップ「自動運転で動く車のしくみ」 全国展開事業
主 催: 実施館(情報通信交流館 e-とぴあ・かがわ、千葉市科学館、新潟県立自然科学館、半田空の科学館)、全国科学館連携協議会
共 催: 日本科学未来館
協 賛: ビー・エム・ダブリュー株式会社
実施期間: 2017年10月~2018年3月

日本科学未来館でのキックオフイベント

イベント名: 特別ワークショップ「自動運転で動く車のしくみ」
開催日時: 2017年8月27日(日) 10:10~16:30 ※同内容のイベントを、9月10日(日)にも実施します。
開催場所: 日本科学未来館 3階 実験工房
対 象: 小学校4年生以上のクラブMiraikan会員(お申し込みにはクラブMiraikanへのご入会が必要です)。
詳細は下記のWEBサイトをご覧ください。

特別ワークショップ「自動運転で動く車のしくみ」
クラブMiraikan

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

お知らせ