6月22日、4つの新・常設展示をオープンしました

日本科学未来館は6月22日(木)、常設展に4つの新展示をオープンしました。
テーマは、IoT(モノのインターネット)、機械人間、ヘルスイノベーション、金星探査。数年後の実現に向けて開発中の技術や、新たな視点をもたらす最先端の科学を紹介することで、一人ひとりが今を知り、未来の社会づくりに参加できるような場をつくります。

インターネットってそもそも何? 「生命らしさ」って何だろう? テクノロジーで「運動を生活カルチャー化」した未来ってどんな感じ? 金星を探査すると地球のことが分かるのはなぜ?---ふだん考えない根源的な問いを深めに、未来志向の研究者のアイデアを体で感じに、科学を楽しむ心の準備をして、ぜひ越しください。

公開日

2017年6月22日(木)

4つの新展示

インターネット物理モデル2017
機械人間「オルタ」
<メディアラボ>第18期「アクティブでいこう!ものぐさ→アスリート化計画」
<フロンティアラボ>金星探査機「あかつき」の挑戦(「太陽系に挑む」コーナー)

インターネット物理モデル2017

2001年の開館当初からある人気の展示を、人や情報ばかりでなく、モノ、環境、サービスなどをつなぐようになった今日のインターネットの状況を反映し、リニューアルしました。


インターネット物理モデル2017

実際の処理により近づけた「物理モデル」
0と1という目に見えない信号が、それぞれに自律した機能が協調して送り届けられている様子を、白と黒のボールや、ボールを感知して行き先を振り分ける機械的な仕組みによって視覚化しています。送信元のアドレスも合わせて送れるよう改良し、実際のIPネットワークの動作をより忠実に表現しています。

音や動きもデジタル変換する「データ作成器」「復元器」
これまでの文字に加え、音、動きなどさまざまな情報をデジタル表現に変換し、また元の情報に復元できるよう新機能を追加しました。多様な情報を扱えるという、デジタル表現の特性を実装しています。

場所: 3 階「未来をつくる」内
監修: 村井純(慶應義塾大学 環境情報学部 学部長・教授)、佐藤雅明(慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 准教授)
クリエイティブ&デザインディレクション:東泉 一郎(Higraph Tokyo)
>> 常設展「インターネット物理モデル」

機械人間「オルタ」

常設展示「アンドロイド ― 人間って、なんだ?」に、「オルタ」が新しく加わります。「オルタ」は機械がむき出しの見た目ですが、複雑な動きにより"生命らしさ"を表現します。隣に並ぶ人間そっくりなアンドロイド「オトナロイド」と比較することで、より多様な視点から「人間らしさ・生命らしさとは何か?」という哲学的な問いを深めます。


「オルタ」

生命らしさを「人間の想像力によって見出されるもの」と考える石黒研究室と、「基本原理から立ち現れるもの」と考える池上研究室の協業で、「オルタ」は生まれました。複雑な動きは、神経の活動をまねたプログラム(ニューラルネットワーク)によってつくられ、周囲の人の反応も反映していきます。「オルタ」は、来館者の反応から生命らしい動きを「学習」できるのか。研究者の実験も兼ねて展示します。

場所: 3階「未来をつくる」内
監修: 『Alter』制作チーム
石黒浩(大阪大学大学院 基礎工学研究科 教授)
池上高志(東京大学大学院 総合文化研究科 教授)
小川浩平(大阪大学大学院 基礎工学研究科 特任講師)
土井樹、小島大樹、升森敦士(以上、東京大学)
受賞歴: 第20回文化庁メディア芸術祭優秀賞(アート部門、2017年3月)
※2016年7月~10月にも7階特設スペースにて期間限定で公開されました。
>> 常設展「アンドロイド ― 人間って、なんだ?」

<メディアラボ>第18期「アクティブでいこう!ものぐさ→アスリート化計画」

運動が健康に良い、と頭ではわかっていても、私たちは「時間がない」「きっかけがない」と言い訳ばかりして、運動不足に陥りがちです。ならば日々の暮らしの中に、自然と運動を始めたくなるようなテクノロジーを仕組めばいい。「運動の生活カルチャー化」が実現した未来の社会は、誰もがアクティブなアスリートです!

誰もがアクティブなアスリートに!


おえかきんでん

「心衣(こころも)」
肌着にさまざまなセンサーを組み込み、身体情報データを取得します。展示では、実演形式で心電図と姿勢のデータをご覧いただきます。

「音玉(おとだま)」「音扇(おんせん)」「音的(おとまと)」
超音波スピーカーを応用し、音が聞こえるエリアを自由に設定します。体験者の動きを追跡し、頭の周囲だけに音声を届けることができます。

「おえかきんでん」
3人の体験者が協力して運動し、腕の筋力情報によってアニメーションと自分だけに聞こえる音楽をつくるインタラクティブ展示です。「運動の生活カルチャー化」が実現した未来を実感してください。

場所: 3階「未来をつくる」内
出展者: 伊坂忠夫(文部科学省/科学技術振興機構COI 「アクティブ・フォー・オール拠点」研究リーダー、立命館大学スポーツ健康科学部 学部長・教授)
>> 常設展「メディアラボ」

<フロンティアラボ>金星探査機「あかつき」の挑戦(「太陽系に挑む」コーナー)

2015年12月に軌道投入再挑戦に成功し、日本初の惑星周回衛星となった金星探査機「あかつき」。探査機の模型や実際に搭載されている機器の同等品、最新の研究成果などを通して金星の謎に迫ります。地球の「兄弟星」ともいわれる金星の本当の姿を知ることは、私たちの地球を新しい視点でとらえ直すことにもつながります。

探査機「あかつき」の挑戦


金星探査機「あかつき」の挑戦
(「太陽系に挑む」コーナー)

惑星探査への挑戦
「あかつき」プロジェクトに参加する研究者のインタビュー映像などで、惑星探査に挑む研究者たちの思いを伝えます。

日本初の快挙 ~「あかつき」プロジェクトの技術とチームワーク
「あかつき」の1/5模型や実際に搭載されている装置の同等品などを通して、困難なミッションを成功に導いた秘訣に迫ります。

地球を深く知るために ~「あかつき」が拓くフロンティア
「あかつき」がもたらす金星の大気などについての最新成果を、研究の進展に応じて随時更新しながら紹介していきます。

場所: 5階「世界をさぐる」内
監修: 「あかつき」プロジェクトチーム
協力: 今村剛(東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授)
    豊田裕之(宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所 助教)
>> 常設展「フロンティアラボ」

ラボコーナーについて

未来館では先端研究を紹介するラボコーナーを設けています。3階「未来をつくる」エリアの「メディアラボ」と、5階「世界をさぐる」エリアの「フロンティアラボ」の2ヶ所で、定期的に展示更新を行っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

お知らせ