シンポジウム「遺伝情報の共有って、どういうこと?〜変わる医療と家族のみらい〜」2017年3月22日(水)に品川コクヨホールにて開催!


左から、桃沢氏、湯地氏、武藤氏

日本科学未来館は、東京大学医科学研究所、理化学研究所統合生命医科学研究センターと共催で、シンポジウム「遺伝情報の共有って、どういうこと?~変わる医療と家族のみらい~」を開催します。 ヒトの遺伝情報は99.9%共通ですが、少しずつ違いがあります。その違いが、一人ひとりの体質の違いとして現れることも。遺伝情報からわかるあなたの体質に合わせて、より効果が出やすく、副作用の少ない薬を選んだり、かかりやすい病気を予測して、予防方法を考えたり...あなたのためだけの「オーダーメイド医療」が実現する未来が見えてきました。このシンポジウムでは、わかりやすい解説を交えながら、私たちと遺伝子の関係や、一人ひとりが違っていることの意味、そして、オーダーメイド医療がもたらす未来について、参加者のみなさんとともに考えます。

開催日時: 2017年3月22日(水) 18:30~20:00

開催場所: コクヨホール(JR品川駅港南口 徒歩5分)

講師: 桃沢 幸秀氏(理化学研究所 統合生命医科学研究センター チームリーダー)
    湯地 晃一郎氏(東京大学医科学研究所 国際先端医療社会連携研究部門 特任准教授)
    武藤 香織氏(東京大学医科学研究所 ヒトゲノム解析センター 教授)

コーディネーター: 浜口 友加里・毛利 亮子(日本科学未来館 科学コミュニケーター)

参加費: 無料(事前申込制)

主催: 東京大学医科学研究所、日本科学未来館、理化学研究所統合生命医科学研究センター

※本イベントは、国立研究開発法人日本医療研究開発機構委託事業 オーダーメイド医療の実現プログラム及び日本科学未来館「みらいのかぞくプロジェクト」の一環として、一般の方向けに開催するシンポジウムです。

お申し込み

WEBサイトよりお申し込みください。
URL: https://biobankjp.org/pgx/sympo02/index.html

問い合わせ先

「オーダーメイド医療実現化プロジェクト」事務局
TEL:03-5449-5122 (土日・祝日を除く9:30~17:30)
URL: https://biobankjp.org/inquiry/index.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

お知らせ