企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」会期延長のお知らせ

2014年11月29日よりスタートした企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」はご好評により、2015年3月1日まで予定していた会期を5月10日まで延長することが決定しました。3月7日~5月10日の後期日程にはチームラボの最新作を初公開します。

会期: 2014年11月29日(土)~2015年5月10日(日)
時間: 午前10時~午後5時 [3月7日(土)~5月10日(日)の期間、土日・祝日は午後7時まで] ※入場は閉館30分前まで。
休館日: 火曜日(ただし、3月31日、4月28日、5月5日は開館)
入場料 当日:大人(19歳以上)1,800円、中人(小学生~18歳)1,200円(土曜は1,100円)、小人(3歳~小学生未満)900円
※会期終了が「3月1日」と表示されているチケットも5月10日までご入場いただけます。
特設サイト

新規展示作品「Floating Flower Garden / 花と我と同根、庭と我と一体と」


「Floating Flower Garden / 花と我と同根、庭と我と一体と」
※画像はイメージです


チームラボ待望の最新作を3月7日(土)から初公開します。

作品説明(text by チームラボ)
浮遊する無数の生きた花々が、空間に埋め尽くされている浮遊する庭園。
2300本以上の花々は、空間に浮遊しながら咲き渡っている。草花は 生きており、日々成長している。

鑑賞者が、花が埋め尽くされている空間に近づくと、鑑賞者の近くに浮遊している草花は、一斉に上がっていき、鑑賞者中心に半球状の空間が生まれる。つまり、空間は花に埋めつくさているが、常に、鑑賞者中心に半球上の空間が出現し続けるため、鑑賞者が自由に動き回ることができる。複数の鑑賞者が互いに近づくと、ドーム空間は、つながり、一つの空間になる。

鑑賞者が、花の中に埋没し、庭と一体化する庭園。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

お知らせ