2014年6月13日(金)より新規コーナー「"おや?"っこひろば」オープン

新規コーナー「"おや?"っこひろば」は、ワークショップや体験型の展示を楽しみながら、科学的な「モノの見方」を親子で一緒に体験する無料のスペースです。今まで未来館が十分にサービスを届けられていなかった、3歳以上の子どもとその保護者を対象としています。会場には、体を使って遊びながら「おや?」と不思議に思うことを自ら発見するための仕掛けが用意されています。子どもたちは次々にわき上がる「ハテナ」の解決法を自由に発想し、道具などを使いながら試していくことができます。一方で保護者にとっては、子どもと一緒に楽しみながらも、ハテナが生まれた瞬間、子どもたちが何を見て、どう考え、それをどう言葉にして話すのかを見守る場となります。

"おや?"っこひろば

緑や青、白を基調とした会場の面積は約600㎡。靴を脱いで入る、開放感あふれる空間です。中では、子どもたちの創意工夫を引き出すようなワークショップを週末中心に開催。未来館に併設された研究施設の先端技術を体験できる実験キットや、ボランティアスタッフが開発した工作キットなど、年齢層に合わせた体験グッズを使って、保護者と一緒に楽しむこともできます。また保護者には「おや?親サロン」を設置。会場内に置かれた数台のカメラの映像を通して、いつもとは違った視点で子どもを見守る仕掛けが用意されています。
公開日: 2014年6月13日(金)よりオープン
場所: 3階
総合監修:
塩瀬隆之氏 (元京都大学総合博物館 准教授、現在中央省庁出向中)
西田佳史氏 (産業技術総合研究所デジタルヒューマン工学研究センター 生活・社会機能デザイン研究チーム チーム長)
倉田新氏 (東京都市大学 人間科学部 児童学科 准教授)

スペース構成

子どもが実験やものづくりを楽しめる4つのアクティビティエリアと、保護者のためのスペースで構成されています。アクティビティのエリアでは、子どもたちの「ハテナ」を引き出すような実験やものづくり、デジタルコンテンツなどが体験できます。保護者には、子どもたちの興味関心がどこに向いているのかをライブカメラで確認できるエリアを提供します。

ごろごろのしば

1.ごろごろのしば
人工芝の坂で、大きさや形、素材の違うボールや羽根などを転がしたり落としたりしながら、たくさんの「ハテナ」を発見していきます。スーパーボールを中に入れた玉子型のボールなど、素材や形の違うボールを転がし、その違いを感じます。


かきかきのへや

2. かきかきのへや
ホワイトボードでできた壁や床に自由に絵が描けるエリアです。ここでは専任のボランティアスタッフと一緒にワークショップや実験ができます。「クラブMiraikan」(未来館の会員組織)の子ども会員が参加して制作した、子どもならではの視点を取り入れたオリジナルのツールを使って、ものづくりも楽しめます。

コロンコロンのかべ

3.コロンコロンのかべ
穴の空いた壁に棒を差し込み、ホースやコップなどの日用品を棒と棒の間にひっかけてコースを作り、ボールを転がす装置(マーブルマシン)を作ります。どの道具を使えばコースにそって早く転がるでしょうか。正解はひとつではありません。自由に試行錯誤ができる場所です。

4.ヴンダーカンマー みんなのアイデア
ヴンダーカンマーとは、「驚異の部屋」という意味です。この世の珍しいもの、面白いものが集まって展示される部屋のことで、ミュージアムの前身と言われます。このコーナーでは、子どもたちが作った魅力的な作品が映像の中で紹介されます。子どもが創作した作品は、デジタルデータとしてモニターの中に取り込まれ、動き出し、皆で作品を共有しながら遊ぶことができます。

おや? 親サロン

5.おや? 親サロン
保護者が離れたところから子どもを見守るエリアです。数ヶ所に設置されたカメラを遠隔操作することで、普段見られないような工作に熱中する子どもの表情など普段は見られない姿に触れることができます。監修者である塩瀬隆之氏の"子どものハテナの視点を育てる"考え方も紹介しています。


貸出キット

貸出カウンター

貸出カウンターでは、いくつか用意されたメニューから好きなキットを選ぶことができます。創作意欲をかき立てる工作・実験キットの他、未来館に併設された研究施設で開発されている最先端の技術を体験できるキットを楽しめます。

<工作・実験キットの例>
「糸電話を作ろう」
飾りや通話人数、素材等を変えることで音が変化していく様子を体験。音の性質に触れます。

「車をはしらせよう」
簡単な構造で走る車を工作します。ゴムや風船、うちわなどを使って、いろんな動力で走らせる実験もできます。

ECHTILE(テクタイル)toolkit
<研究施設が提供する最先端の科学キットの例>
「さわれる情報環境プロジェクト」
(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 舘暲特任教授・南澤孝太准教授)
その場にないものをまるで触っているような感覚を味わえる装置TECHTILE(テクタイル)を使い、新しい触感を作り出します。

「リビングラボ東京プロジェクト」
(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 稲見昌彦教授)
ぬいぐるみにリング型デバイスを装着、手足や尻尾を動かしたり、しゃべらせたりしてみます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

お知らせ