7月3日(水)よりメディアラボ第12期展示「「現実拡張工房」The Studio -Extend Your Real World-」を公開します。

20130613_01_02.jpg

20130613_01_01.jpg
MorPhys(モーフィス)

常設展示「メディアラボ」は、先端情報技術による表現の可能性を、定期的な展示更新を行いながら紹介していくスペースです。
第12期となる今回は、コンピュータなどの情報機器、コンテンツ、人間のコミュニケーションの融合の可能性を研究するJST CREST「共生社会に向けた人間調和型情報技術の構築」領域の研究を紹介します。

会場は、物理現象で支配されている音や色といった「現実」を、情報技術で「拡張」する「工房(スタジオ)」です。
例えば、床に映る影の色や、カーペットに残る足跡など、見慣れた当たり前の現象に情報技術の力が加わると、今までと全く違うものが見えてきます。
「物理(モノ)×情報(コト)×人間(ヒト)」のバランスから生み出される新しい感覚をお楽しみください。

メディアラボ第12期展示

「現実拡張工房」 The Studio -Extend Your Real World-
公開時期: 2013年7月3日(水)~ 2014年1月13日(月)

出展者

苗村 健
東京大学 大学院 情報学環 教授(大学院 情報理工学系研究科 電子情報学専攻、工学部 電子情報工学科 兼担)、JST CREST「局所性・指向性制御に基づく多人数調和型情報提示技術の構築と実践」研究代表者。
実世界指向情報環境、複合現実感、メディア+コンテンツ、実写に基づく映像合成、アート&エンタテインメントなどの研究に取り組んでいる。

コンテンツ

《Graphic Shadow(グラフィック シャドウ)》
白く照らされた床の上を歩くと色とりどりの影が現れます。例えば赤と緑の光を足すと黄色の光に見えるように、光の混色を利用した新しい影の感覚を体験できます。

《MorPhys(モーフィス)》
コンピュータの中で空間を設計するように、モーターで伸縮する巻き尺が柱をつくり、自在に変化して空間を作り出します。「動く建築」という新しい形を提案します。

《Photochromic Carpet(フォトクロミック カーペット)》
シューズを履いてカーペットの上を歩くと不思議な足跡が残ります。紫外線に反応する特殊なインクによる変化に富んだ彩り豊かな未来を体験できます。

《Thermo-key(サーモキー)》
映像に写るあなたをコンピュータは見逃しません。その秘密は温度です。色と温度を写すカメラでいつもと違うあなたの姿を合成します。

《でるキャラ》
画面の中に閉じ込められていたキャラクターが目の前に飛び出してきて、本物のブロックの上を駆け回ります。

《EchoSheet(エコーシート)》
イーゼルの上にある紙にお絵かきをすると、描くときの音がいつもより大きく聞こえます。増幅された「音」によって「書き心地」はどう変化するのでしょう?


JST CREST「共生社会に向けた人間調和型情報技術の構築」研究領域(研究総括: 東倉洋一)
コンピュータなどの情報機器、ネットワーク、コンテンツなどで満ち溢れた情報環境において、実空間コミュニケーション、ヒューマンインターフェース、メディア処理などの要素技術を融合・統合し、「人間と情報環境の調和」を実現するための基盤技術の構築を目指します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

お知らせ