企画展「ドラえもんの科学みらい展」開催決定

漫画「ドラえもん」は、連載開始の1970年から約40年間にわたって、世代や国を越えて人々を魅了しつづけています。その魅力のひとつはもちろん、登場する数々のひみつ道具。

その「ドラえもん」に登場するさまざまなひみつ道具をテーマとして、現在の科学技術を、あらゆる世代の方々が楽しめる体験型展示を中心にした企画展を開催します。

代表的な「タケコプター」や「ガリバートンネル」「透明マント」など、現代の研究の最前線でどこまで実現されているのか、実際にそれらを体験していただけます。

「ドラえもん」の夢と空想の世界と、それを現実のものにしようとする先端科学技術の取り組みを重ね合わせることで、ドラえもんが誕生する22世紀の未来を間近に感じていただけます。子供から大人まで、人間の夢見る心や持続可能な社会を実現する力が湧いてくる、そんな展覧会を目指しています。

■ 概 要 ■

会期:
2010年6月12日(土)~9月27日(月)
開催時間:
午前10時~午後5時(入館は閉館時間の30分前まで)
場所:
日本科学未来館 1階 企画展示ゾーンa(住所:東京都江東区青海2-3-6)
休館日:
毎週火曜日(祝日、春・夏・冬休み期間は開館)、12/28~1/1
入場料:
大人 1,000円、18歳以下 500円 ※予定(変更になる可能性もあります)
主催:
ドラえもんの科学みらい展実行委員会(株式会社 小学館、株式会社テレビ朝日、シンエイ動画株式会社、株式会社アサツー ディ・ケイ、株式会社小学館集英社プロダクション、財団法人 科学技術広報財団)
日本科学未来館
特別協力:
藤子プロ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

お知らせ