世界を救う?「ミドリムシ」オリジナル商品について (「'おいしく、食べる'の科学展」関連商品)

11月21日(土)より開催の企画展「'おいしく、食べる'の科学展」に合わせ、ミドリムシのオリジナル商品を販売しています。
企画展「'おいしく、食べる'の科学展」で「未来の食材? ミドリムシが世界を救う? 」として紹介するミドリムシ(学術名:ユーグレナ)。真水と少量のミネラルで簡単に増やすことができ、体に必要な栄養素を豊富に含む食材として、未来の食に期待されており、研究が進められています。そのミドリムシを使用した「ミドリムシクッキー」と「ミドリムシベーグル」を、企画展開催期間中、未来館のミュージアムショップ「Miraikan Shop」とカフェ、株式会社ユーグレナが共同開発し、1階Miraikan Shopと5階カフェにてそれぞれ販売します。

20091201_01_01.jpg

ミドリムシクッキー
クッキー1枚に約2億匹のミドリムシが含有されており、1箱(5枚)で約1gのミドリムシを摂取することができます。
バター風味で食べやすくなっています。
価格: 450円(税込)
販売場所: 1階 Miraikan Shop(※ご希望のお客様には代金引換サービスでのご注文も承ります。Miraikan Shopへお問合せください。)
お問い合せ: 03-3529-5781

20091201_01_02.jpg

ミドリムシベーグル
ベーグル1個に約15億匹のミドリムシが含有されています。カフェではそのほか、ベーグルとセットでミドリムシをイメージしたドリンクも販売します。(ドリンクにはミドリムシは含まれておりません)
価格: ベーグル 300円(税込)、ドリンク 450円(税込)
→ミドリムシベーグルは、企画展終了後も販売を予定しております。※価格変更予定
販売場所: 5階 カフェ

<ミドリムシ(ユーグレナ)について>
ミドリムシ(ユーグレナ)は、顕微鏡の発明者であるレーウェンフークが17世紀に「美しい (eu)眼(glena)」の意をこめて「ユーグレナ」と名づけた微生物。葉緑体を持っており光合成をしますが植物ではなく、細胞を変形させて運動もする、単細胞生物です。水、栄養塩、太陽の光と二酸化炭素だけで、人間に必要な栄養素のほぼ全てを作り出すことができます。また、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)といった不飽和脂肪酸も豊富に含んでいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

お知らせ