ノーベル物理学賞受賞の南部陽一郎博士、小林誠博士、益川敏英博士に関係する展示について

ノーベル賞(物理学)を受賞した、南部博士、小林博士、益川博士が研究されている素粒子物理学について、小林・益川理論の概要を、5階 地球環境とフロンティア「加速器で探る素粒子と宇宙」の展示でわかりやすく紹介しています。
この展示では、小林・益川理論を証明したつくば市にある実験機「KEKB」を紹介しています。また、モニター画面では小林博士ご自身による「反物質と物質 究極構造の謎」について、話を聞くことができます。

※1月4日(日)まで、5階展示フロア内にて、今回の受賞に関する 「サイエンス・ミニトーク」を開催します。 (※時間、休止等は不定期ですので、当日ご確認ください。)

加速器で探る素粒子と宇宙

「地球環境とフロンティア」加速器で探る素粒子と宇宙

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

お知らせ