開催中・開催予定のイベント

友の会過去イベント

リアルラボ@南極観測船「しらせ」2016(2016/10/16)

南極観測船「しらせ」
船内見学の様子
講師の冨川喜弘氏

最低気温マイナス90℃、地上でも一二を争う過酷な地「南極」。その南極では、地球や宇宙の変化や謎を解明するために、さまざまな国の研究者が観測活動などを行っています。

それらのさまざまな観測から分かってきた地球環境の変化について、実際に南極で観測に携わってきた冨川喜弘先生から直接お話を伺います。特に、日本の観測隊が5年がかりで設置・調整した南極最大の大気レーダー「PANSY(パンジー)レーダー」が、2015年3月からフルシステムで観測がはじまっています。このような大規模観測から、今後どのようなことが分かってくるのでしょうか。

お話を伺うのは、普段はなかなか見学する機会のない南極観測船「しらせ」の船内。先生からお話を伺った後は、船内のさまざまな場所を見学させていただきます。しらせは、数メートルの厚さの海氷を何日もかけて砕いて進み、昭和基地を目指します。想像を超える過酷な環境を乗り越えて、観測隊や物資を南極まで届けるしらせ。そのミッションを達成するために、どのような秘密が隠されているのでしょうか。また、船を運航するためにどのような人たちが支えているのでしょうか。

この貴重な機会に、ぜひ一緒に南極に思いを馳せませんか?

【当日スケジュール(予定)】
①「しらせ」の前で集合写真撮影
②講師による「南極講義」
③グループに分かれて、船内見学

【講師紹介】
冨川 喜弘 (トミカワ ヨシヒロ)氏
日本南極地域観測隊第53次夏隊員、第54次越冬隊員等を経て、現在、情報・システム研究機構 国立極地研究所 准教授。

【応募前にご確認ください】
※小学生の場合は保護者付き添いが必要です。応募の際には必ず保護者の方のお名前も[連絡事項]欄にご記入ください。
※参加者の氏名、住所、年齢、性別、電話番号、緊急連絡先などの情報を、事前に海上自衛隊に提出しなければなりません。応募〆切の翌日には当選者へ参加案内メールをお送りしますので、3日以内に上記の情報の提出をお願いします。 期日に間に合わない場合はご参加いただけない場合がありますので、何卒ご協力の程、よろしくお願いいたします。
※船内見学は、狭い通路や階段を使って移動します。体調の悪い方やケガをされて一人で歩けない方などはご乗船いただけませんので、ご了承ください。

日時
2016年10月16日(日) 13:00~17:00
場所
JR横須賀駅 ※現地集合、現地解散
定員
40人
対象
小学5年生~大人の方 ※上記の【応募前にご確認ください】を必ずお読み下さい。
参加費
無料
応募締切
2016年9月30日(火)17:00
終了しました
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。