開催中・開催予定のイベント

友の会過去イベント

【半年シリーズ】養殖を体験して、循環社会の大切さを伝えよう!(2013/10/13~2014/3/30、計7回)

みんなで組み立てる水槽

養殖について学びながら、自分たちで組み立てた水槽で、6ヶ月間魚を養殖します。
その6ヶ月間を通して、養殖の現状と課題、必要性だけでなく、環境問題や食料問題まで、地球の未来について考えます。
さらに、最後のまとめとして、その成果を一般の来館者の方の前でプレゼンテーションします。

養殖する魚は幻の高級魚「クエ」と「ヒラメ」です。
養殖体験の他にも、ヤマメの人工授精、研究施設見学、研究者とのディスカッションなど、盛りだくさん。

応募にあたり、大事なものは、次の3つだけです。
①科学技術が大好きであること
②体験したことを他の人に伝えてみたいという気持ち
③未来館で出会った仲間やボランティア、科学コミュニケーターと一緒に最後まで諦めず、楽しくやろうという気持ち

プレゼンテーションは少しずつ練習していくので、心配いりません!
未来館初となるこの企画!!一緒に挑戦してくれる皆さんのご応募をお待ちしています!!!


【開催スケジュール】
1回目 2013年10月13日(日)10:30~12:30 水槽の組み立て、養殖開始
2回目 2013年11月  4日(月・祝)10:30~12:30 アルビノヤマメの人工授精
3回目 2013年12月 8日(日)10:30~12:30 人工授精後の観察
4回目 [12月~2月で日程調整中]    リアルラボ@研究施設
5回目 [ 1月~2月で日程調整中]    サイエンティスト・トーク(研究者の講演)
6回目 2014年 3月21日(金・祝)10:30~12:30 養殖魚の試食・プレゼンテーション準備
7回目  2014年 3月30日(日)10:30~12:30 プレゼンテーション本番
※予定のため、変更になる場合があります。
※全7回のうち、5回程度以上の参加が可能な方が対象です。

【応募方法】
本ページからエントリーいただいた後、以下「事前レポート」をダウンロードし、参加者自身が手書きでご記入の上、担当者まで郵送でお送りください。詳細は以下をご確認ください。

事前レポート

協力:家戸 敬太郎准教授(近畿大学 水産研究所)
    齋藤 浩一氏(NPO日本養殖振興会)
企画:久保暢宏(日本科学未来館 科学コミュニケーター)

日時
2013年10月13日~2014年3月30日(計7回) ※予定のため、変更になる場合があります。 ※全7回のうち、5回程度以上の参加が可能な方が対象です。
場所
日本科学未来館 3階実験工房 ※「リアルラボ@研究施設」は関東近隣の養殖研究施設(現地集合、解散)
定員
7人
対象年齢
小学5年生~中学3年生
参加費
無料
応募方法
本ページからエントリーいただいた後、事前レポートをダウンロードし、参加者ご本人がご記入の上、郵送でお送りください。 9月30日(月)の消印まで有効。 [宛先]〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6 日本科学未来館 運営事業部 クラブMiraikan担当者宛
応募締切
2013年9月30日(月)17:00
終了しました
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。