宇宙飛行士たちの実験や暮らしを紹介しながら
人類が宇宙を目指す意味を考える展示です。

地上から高度 400kmに浮かぶ国際宇宙ステーション(ISS)は、地球を約 90 分で一周するスピードで移動しながら、実験、研究、地球や天体の観測を行っています。ISSは本来ヒトが生きることができない宇宙環境への挑戦であり、世界各国の研究者、宇宙飛行士、地上で運用管制を行なうスタッフたちが協力しながら運用されています。展示では、宇宙居住棟の模型の中に入り、宇宙での暮らしやそこで行われている研究成果を見ることができます。

総合監修

毛利衛(日本科学未来館)

協力

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

常設展 | 世界をさぐる

アクティビティ未来館をもっと楽しむためのスペースやコンテンツ