私たちはどのように生きて、どんな医療を受けたいか、 次世代の医療を知ることで、ともに考えてみましょう。

画像診断技術の発展や、一人ひとりの体質にあった患者に負担の少ない治療法、病気を防ぐ医療などを紹介し、医療の将来像をみなさんとともに考える展示です。もし病気になったとき、あなたならどんな治療法を選ぶのでしょうか? 未来の医療では、医師などの専門家とともに、自分自身が病気を理解し、治療法を選択することがもっと身近になるかもしれません。

監修

高坂新一(国立精神・神経医療研究センター)
笹月健彦(九州大学 高等研究院)

常設展 | 世界をさぐる

アクティビティ未来館をもっと楽しむためのスペースやコンテンツ