日本科学未来館は、2016年4月20日(水)に常設展をリニューアルオープンしました。
6つの展示の新設やドームシアターの新コンテンツ公開、アクティビティ・スペースの整備など、2001年にオープンして以来の本格的なリニューアルとなります。さらに、常設展ゲートの設置や公式アプリ配信などにより、既存展示を含めた館内の展示すべてを新しい視点で体験できるようになりました。

新展示

100億人でサバイバル
pict

地震や噴火などの自然災害は、私たちの暮らしに大きな被害を与えてきました。さらに、科学技術や移動手段が発達した現代では、感染症の拡大、異常気象の増加、原発事故など、思いもよらなかった新たな災害も生まれています。この展示では、さまざまな災害が起こるしくみやその被害を理解することができます。21世紀の地球にくらす私たちが、この地球で生き延びていくために、今、何をすべきなのか、いっしょに考えてみましょう。
場所: 5階「世界をさぐる」内
監修: 押谷仁(東北大学大学院医学系研究科 教授)、岸本充生(東京大学公共政策大学院 政策ビジョン研究センター 特任教授)、田近英一(東京大学大学院理学系研究科 教授)
総合監修: 毛利衛(日本科学未来館館長)
≫常設展「100億人でサバイバル」


未来逆算思考
pict

50年後に暮らす子孫たちに、どんな地球を贈ることができるのか、ゲーム形式でアクティブに体験する展示です。私たちが暮らす豊かな地球を次世代に受け継いでいくために、なにをしたらよいのでしょうか?さまざまな課題を乗り越えながら、自分が選んだ理想の地球をゴールまで届ける体験を通して、理想の地球を実現していくために必要な科学技術やライフスタイルを考えてみましょう。理想の未来を描き、そこから逆算することで、私たちが今からするべきことが見えてきます。
場所: 3階「未来をつくる」内
総合監修: 大垣眞一郎(公益財団法人 水道技術研究センター 理事長)
監修: 勝川俊雄(東京海洋大学 産学・地域連携推進機構 准教授)、木部暢子(国立国語研究所 副所長・時空間変異研究系教授)、花木啓祐(東京大学大学院 工学系研究科 都市工学専攻 教授)、広井良典(千葉大学 法政経学部 総合政策学科 教授)、松橋隆治(東京大学大学院 工学系研究科 電気系工学専攻 教授)、宮廻正明(東京芸術大学大学院 美術研究科 教授)、山本雄士(株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 リサーチャー/株式会社ミナケア 代表取締役))
≫常設展「未来逆算思考」


ノーベルQ ノーベル賞受賞者たちからの問い
pict

ノーベル賞は、ダイナマイトの発明者として知られるアルフレッド・ノーベルの遺言によって設立された賞で、「人類の幸福にもっとも貢献した人」に贈られます。この展示では、未来館を訪れたノーベル賞受賞者たちから、「来館者にいつまでも考え続けてもらいたい問い」をいただき、メッセージとして紹介しています。個性豊かな問いかけにあなたならどう答えるか、自由に考えてみてください。
場所: 3階「未来をつくる」内
≫常設展「ノーベルQ ノーベル賞受賞者たちからの問い」


ジオ・プリズム
pict

シンボルゾーンとオーバルブリッジに設置されたタッチスクリーン端末。AR(拡張現実感)技術を用いて、地球ディスプレイ「ジオ・コスモス」にデータやシミュレーションを重ねて表示できるシステムです。CGと複数のカメラからの映像をダイナミックに織りまぜたデータを見ることができます。
コンテンツ
・海洋大循環シミュレーション
・水循環変動観測衛星「しずく」
・グローバル・ツイート・タイムライン
場所: 3~5階「オーバルブリッジ」、1階シンボルゾーン
≫常設展「ジオ・プリズム」


ジオ・コックピット
pict

3階と5階をつなぐオーバルブリッジの中央にあるジオ・コックピットは、ジオ・コスモスをはじめとするさまざまな「ジオ・ツール」のデータを一括管理するコントロールルームです。国内外とのオープンなコラボレーションの透明性と軽快感をコンセプトにデザインされ、薄い強化ガラスによる曲線を用いた世界初のインテリアとして製作されました。
場所: 3~5階「オーバルブリッジ」


フロンティアラボ
pict

人類の探究心は深海など地球の深部、さらには太陽系やはるか遠い宇宙へと限りなく拡がってきました。ここでは、そのような挑戦を続けるフロンティア研究の営みを紹介します。宇宙空間をみつめる巨大な望遠鏡「すばる望遠鏡」や世界最高の掘削能力をもつ地球深部探査船「ちきゅう」の模型、H-IIAロケットのメインエンジンの実物、極限環境で生きる深海生物「ユノハナガニ」などの展示物が並びます。
場所: 5階「世界をさぐる」内
≫常設展「フロンティアラボ」


ドームシアター 新コンテンツ

9次元からきた男
pict

物理学の究極の目標である「万物の理論」をテーマにした3Dドーム映像作品です。素粒子のミクロ世界と、宇宙のマクロ世界をあらわす二つの理論は矛盾しており、理論物理学者たちはこの二つを統一する「万物の理論」を見つけようとしています。その最も有力な仮説である「超弦理論」が提示する驚きの世界とは?演出を手がけるのは、『呪怨』や『魔女の宅急便』などで知られる映画監督の清水崇氏。難解な数式で表現される理論物理学の最前線を、エンターテインメント性あふれる実写と精緻なCG・データビジュアライゼーションを融合させた映像で体感していただけます。
監修: 大栗博司(カリフォルニア工科大学 教授 ・理論物理学研究所 所長/東京大学 カブリ数物連携宇宙研究機構 主任研究員)
≫「9次元からきた男」特設サイト



アクティビティ

コ・スタジオ
pict

コ・スタジオの「コ」とは、ラテン語の「co=ともに何かをする」の意味です。最新の科学トピックについて、科学コミュニケーターやボランティアとともに語り、考えるスペースです。ミニトークやワークショップなど、毎日多彩なメニューを用意しているほか、研究者から直接話を聞いたり、質問したりできるトークイベントも開催します。
場所: 5階「世界をさぐる」内
≫アクティビティ「コ・スタジオ」


ミライゲート / セカイゲート
pict

3F「未来をつくる」、5F「世界をさぐる」、それぞれの出入り口に大型スクリーンが設置されています。ここには、来館者が展示を見て考えた言葉が次々に現れます。テーマは、「『なぜ』をみつけて、考えて、やってみる」。スマートフォンアプリ「Miraikanノート」でこの3ステップを体験し、そこから生まれた考えや「やってみたいこと」を一望することができます。
著名人のコメントも紹介しているので、ぜひ探してみてください。スクリーンは椅子になっているので、休憩や待ち合わせにも利用することができます。
≫アクティビティ「ミライゲート / セカイゲート」


公式アプリ

スマートフォンアプリ 「Miraikanノート」
pict

未来館はもちろん、日常生活のなかでも使えるアプリです。テーマは、“「問い」を見つけて、考えて、アクションする” 。これは未来館が提案する“未来をつくる思考法”です。誰もがこのアプリを使って、問い、考え、自分なりの答えを見つけ、そして日々の生活や社会のなかで実際に行動してみる、というプロセスを体験できるようになっています。未来館では、このような一人ひとりの行為の積み重ねが、未来を変える原動力になると考えています。
≫スマートフォンアプリ 「Miraikanノート」


動画:リニューアルした常設展の見どころを紹介