第17期展示「数理の国の錯視研究所」〔11月17日(木)より公開〕

  数理の国へようこそ。ここでは、数学者たちが発見した新しい定理や理論を使って、さまざまな自然現象や社会現象を解明しながら、現実の世界に役立てていく試みが行われています。ここに紹介するのは、数理モデリングという手法を用いて、視覚が起こす錯覚、すなわち「錯視」の研究を進める2人の研究者です。
  線や形が実際に描かれたとおりに見えない。見えるはずのない模様が見える。こうした不条理で奇妙な錯視の世界に、彼らはどのように立ち向かってゆくのでしょうか。

  本展示は、JST戦略的創造研究推進事業「数学と諸分野の協働によるブレークスルーの探索」研究領域における研究成果の一部を展示化したものです。

≫アーカイブ特設サイト

公開時期

2016年11月17日(木)~2017年5月15日(月)

出展者

新井仁之(あらい・ひとし)
(東京大学大学院数理科学研究科 教授)
杉原厚吉(すぎはら・こうきち)
(明治大学先端数理科学インスティテュート 特任教授)(※五十音順)

常設展 | 未来をつくる

アクティビティ未来館をもっと楽しむためのスペースやコンテンツ